とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

繁盛店で1時間待つよりも、近くの少し寂れた店がいい・・・

東京に住んでから、そこそこ年数が経過すると人混みにも慣れてきて、並ぶのも苦にならなくなってきました。
しかし、それまでは九州や神奈川(西部)に居ましたし、九州の数年はクソ田舎、ド田舎に住んでいましたから、並ぶというのは嫌でした。

並ぶというか、そこまで人がいない・・・というのが本当のところですが・・・21時を過ぎると市内の中心部の信号が赤点滅するなんてのは今考えても異常です。田舎暮らしなんて言われていますが、若い頃の情報が欲しい時期に全く情報が入らないというのは不幸です。
いくらでも情報が入るし、色々なことに興味がある。でも、情報が手に入らない・・・嫌ですね・・・

また、話が逸れてしまいましたが、都内に住んでいると雑誌やテレビで紹介されていたお店などに行けることが多くなります。美味しいそうな店なんかに行こうと言われるわけですが、当然混んでいます。

待ってから入店するわけですが、入店しても混んでいるので料理を食べることが出来るのはまだ先です。そういう状況の時に、自分では近くの少し寂れたお店のほうが好きなんです・・・そうは言っても、1人で行っているわけではないので、許してくれません。

「何のために、ここまで来たの!?」

となるわけです。

「いや、来たいとは一言も言ってません」なんて事は、言えませんので心の中で復唱します。

「いや、来たいとは一言も言ってません」
  「いや、来たいとは一言も言ってません」
      「いや、来たいとは一言も言ってません」
          「いや、来たいとは一言も言ってません」
              「来たいとは一言も言ってません」
                  「一言も言ってません」
                      「言ってません」

待つ時間が長い=期待値が上がる
待つ時間 = 美味しさ と釣り合わないと意味がない。
雑誌で紹介された = 期待度初期値UP!!!!

そういうお店は最初からハードルが高いのです。まあ、美味しいのでしょうけど、期待値が高いだけにいつも・・・

「まあ、普通だね・・・」って感想になってしまう。

逆に、近くの少し寂れたお店だと・・・

最初から期待値DOWN↓
待ち時間少ない = 美味しさ の要望も小さめ
寂れている = 期待値更にDOWN↓

そういう状況なので、食べてみて美味しいと落差が激しいので、「すげー!うまい!」となるのです。
まあ、でも、人生ってそういう事って少なくて、大抵の場合は、「普通だね・・・」で終わるわけです。

少々長く生きていると大抵の味は知っているわけで、どんな美味しい物だとしても期待値を大幅に上回るものってないものです。
ステーキが美味しいと言っても、ステーキの味は知っているわけで、そこを大幅に超えて「ハンバーグの味がする!」なんてことはありえないわけで・・・
結局、想定している味の範囲から大きく超えることは少ないわけです。

更に、男の場合は味がどうのこうのというよりは、腹が減った時に燃料を補給したいという意識のほうが強いと思うのです。
そこが女性の場合は、少し我慢しても美味しいものが食べたいという欲求のほうが強いように思います。

男は、食に関しては超保守的だと思うのです。目的が燃料補給という意味あいが強いのだと感じています。なので、空腹で動けないという時間を避けたい。ちょっとでも、缶コーヒー飲んだり、コンビニでおにぎり買ったりしたいのです。

ところが、女性の場合はそこは我慢できるようです。

保守的なので、時間をかけて有名店に行くよりも、近くの食べなれたラーメン屋が良かったりします。カレー、ラーメン、カツカレー、ハンバーグ、牛丼の永遠のローテーションでもかまわないのです・・・ええ・・・

だから、どこぞのお店に男性を行かせるには、単純にどこそこのお店で○○食べようという誘いかたと、そのお店の近くに男性の好物のなにかがあれば、そこ経由で行こうと言ってみる。

青山のイタリアンに行こうよ・・・その前に、近くのなんとかアイス食べてもいいから・・・ってな感じで。
自分の場合は、本屋とか文具屋とかかな・・・ちょっと、好物とか好きな所を入れると簡単に釣れます。

まあ、男なんてそんなもんです。(泣)

ああ・・・吉野家行きたい・・・


 

男が美容院が苦手な理由・・・

いつも読ませて頂いている「にーちさん」の記事で、美容院に関しての記事があったので、まずは読んで頂きたい。

www.nych87.com

いや、これは本当に大変・・・トータルで待ち時間は何時間なの???と思ってしまう。

女性でも美容院って色々と気になることが多いんだなーと。しばらくは、美容院に行かされていた自分としても他人事ではない。
美容院って「散髪屋」しか行っていない男からすると異空間なんです。

異空間なので、「まあ、そんなものか・・・」と思ってしまうのですが、それでも段々と面倒になってくる。

まず・・・髪を洗うのに移動しないといけない。
散髪屋って、座っている前に鏡があって、その下に洗面台が隠れている。髪を洗う時に、それを引き出して髪を洗う。
座っている自分は、頭を前に下げて少し移動するだけ。
美容院って髪を切る場所と洗う場所が別なので、歩いて移動する。しかも、後ろに倒れるので首が・・・

首大丈夫ですか?」なんて聞かれるけど、基本的に首痛い・・・


対応してくれる人が微妙な場合が・・・ある・・・

散髪屋って基本的に夫婦でやっている場合が多くて、お父さんが髪を切って、その次にお母さんが洗ってくれて、ヒゲを剃るというパターンが多い。なので、どんな感じになるか想像ができる。「ちょっとな・・・」と思ったら店を変えればいい。

同じ店に行く限り、基本的にメンバーが変わらない。

ところが美容院になると、誰が髪を洗うのか?わからない。基本的にはいい人が多いのだけど、オサーンが美容院に行っていると「んんん???」と思うことが何度がある。

・洗う時間が極端に短い。
 若い男性が洗ってくれたのだけど、本当に数秒だった。頭なんて「サササー」くらい。きっと、オサーンの頭を触りたくなかったんだろう。
 まあ、理解できる。せっかく、美容院で綺麗な女の人を相手にしようと思ったら、オサーンの髪を洗うってのはね・・・仕方ない。

・目つきが怖い
 これは、若い女性の人だったけど、基本笑わないし目が怖い。常に怒っている。まあ、そういう人もあるので、こちらも会話しないけどね・・・
 オサーン相手は、嫌なんだろうけどね・・・

・待ち時間が長い
 散髪屋は大体1時間くらいで、髪切ってヒゲ剃って・・・って感じで終わるけど、美容院の場合は予想できない。待ち時間が長かったりする。
 あれ?どこの行ったの???くらいの感じだ。

男の場合は、そんなに拘りがなければ散髪屋で十分。というか、別に美容院が悪いわけではない。美容院というシステムがオサーンには厳しいだけ。オサーンは、はよ髪切って帰りたいだけ。オサーン同士で、髪切ってもらって、おもろいおばはんにヒゲ剃ってもらえればいいのだ。

美容院に行けば若い女性に髪切ってもらえる・・・という発想の人は違うと思うけど、正直面倒だ・・・休みの日は、帰ってテレビみたり筋トレしたり寝るほうが優先度は高いのだ。

むしろ、坊主にしたいくらいだ・・・

 

この時期になると・・・

お盆の時期になると、お墓参りだったり帰省だったりとなるのですが、もう1つ忘れていけないのは「終戦
この時期になるとテレビでも戦争についての番組が多くなります。

悲惨な映像などを見ていると心が痛くなりますが、疑問に思うことが多々あります。戦争の悲惨さを伝えるというのはいいのですが、そこばかりに焦点がいってしまい、もっと問題な部分に焦点が行っていないように思うのです。

まあ、報道というのは事実だけ伝えてどう思うのか?どう考えるのか?は見ているほうが考えるものだということなのでしょうが、作る側の意図が内容に反映するというのは誰でもわかることです。

戦争=悲惨=いけないこと というのはわかるのですが、それだけでは何故?あれだけの戦争になったのか?もっと、早く止めることは出来なかったのか?などなど・・・いまだに解決されていない問題が多いと思うのです。

特攻という作戦が実行されている時点で、人も物も無くなる一方で、挽回なんか出来ない・・・むしろ最悪な方向に向かっているというのはわかることです。でも、止めることが出来なかった・・・当時の状況では、そんな事を言えるわけがないということなのでしょうが、だからこそ戦争を継続しても損害だけが増えて大変なことになると、上層部が判断しなければいけないわけです。

今でもそうですが、重要な決断を先延ばしにして問題が大きくならないと変わらない。これも、今も変わっていない・・・

問題の責任を取るのはいつも下の人間・・・これも変わらない。

あの時代から変わることが出来たのだろうか?

 

ガラケーっていいよ!

いつも読ませてもらっているブログでガラケーの記事を書いていたので、読んでみると・・・

www.nych87.com


なるほど。コメントすればいいのですが、コメントで書くのも長くなりそうなので、こちらでブログ記事にしてみました。

そもそも、ガラケーなんて言われていますが、携帯電話は携帯電話なんですよね。言葉から連想するのが「古臭い」「時代に追いついていない」というイメージなのですが、ガラケーって単純に凄い。

ガラケーのいい点
・通信料金が安い
・電池の持ちがいい
・操作が簡単
・アプリをインストールしなくてもいい
・ウィルス感染はしない
・落としても気にしないくらいの価格
・落としても大丈夫くらい頑丈
・機種によっては、防水
ワンセグでTVも見れる
・高機能!!!

メールくらいは全然使えるわけだし、WEBアクセスも出来ている。ワンセグも見れて、カメラ機能もある。
機能的な部分では、スマホと遜色ないと思う。そういう自分も、ガラケーを使っていた・・・変えろ変えろとうるさいので、変えたのだが・・・

じゃー、スマホは使えなかったのか?と言われると「NO!」で、iPadWi-fi接続で使っていたし、自分が持っていたガラケーはデザリングも可能だったので、iPadをデザリング接続して、外出先でも使っていた。そういう使い方をしても、電池の持ちがいいのでWi-Fiルーターとして安心して使えた。

ガラケースマホなら、iPad持ち出さなくていいやん・・・となるのだけど、画面小さいからね・・・

iTunesポンコツぶりとかを感じてしまうと、ガラケーのほうが使い勝手がいいとしか思えない。数年前は、iPhoneは防水でもないし、落とすと画面バキバキ。ワンセグもないし、Felicaも使えなかった。

LINEは、使えないけど使うことはないので問題ない。LINE怖すぎる・・・(日本企業じゃないし)

スマホのいいところって、結局ゲームができるくらい?じゃないだろうか?

スマホに変わってメリットがあるのは誰だろう???って考えてみると、ガラケーへのイメージ戦略が見えてくる。

スマホに変わると、通信料が上がる。ということは、必然的に、通信料の多い契約プランになる・・・
ゲームも沢山あるので、ゲームをするようになる・・・そして、課金する・・・
どんどん新しい機種が出ているので、2年も経過すると対応していないアプリなど存在して、新しい機種に変更することになる。
iPhoneなんて新しくなって何が変わった???その金額分の変化をしているのか???)

ガラケーは国内メーカーが作っていたけど、スマホになると海外調達も可能で、しがらみがなくなる・・・

スマホになるとメリットが多いのは、誰なんだろうね・・・少なくとも、通信料金が自動的に上がる利用者とは思えない。スマホを売っておいて、通信のトラフィックが多いからって通信制限かけて、制限を解除するのにお金かかるのって何だろうね・・・

YouTubeばっかり見ている人とかは、スマホでメリットあるかも知れないけど、数少ないだろうし使う側が色々と知識を持たないといけない製品ってダメだと思うんだよね。パソコンは、必需品ではないからいいけど、携帯って必需品だから万人が使えるようでないと。

どこぞのキャリアのビルを見ても、どれだけ搾取されているか・・・新宿のビルは、なんなんだろうね・・・

 

昔から「責任者ってだれ?」って感じだったのね・・・

歴史の勉強をしていると、今更ながらに「???」と思うところが沢山ある。室町幕府って、足利尊氏日明貿易で有名な3代将軍義満。
それから、13代の将軍の義輝は、新陰(影)流の免許皆伝の腕前だったということで知っている。最後の将軍として義昭も織田信長との関係で出てくることが多い。

でも、そのほかは知らない・・・室町幕府と言えば、北朝南朝とか、今人気の「応仁の乱」というイメージしかない。
応仁の乱の前に、永享の乱というものがあり、それが応仁の乱に続くものだった・・・という話を聞いて、当時の将軍足利義教を初めて知った。
義教は、嫡流ではなかったため、お寺に僧籍として出家していたのだけど、いつものパターンの後継者がいないという理由で還俗して将軍になった人。

当時の考えでは、還俗というのは一度俗世から逃げたというイメージらしく、武家の社会では信用されないらしい。
その反動なのか、結構酷いことをやっている。比叡山も攻め込んでいる・・・僧籍だったのにね・・・

室町幕府は、京都にあって鎌倉は関東を管轄していたのだけど、鎌倉公方足利持氏と関係が悪く、最終的には戦になり足利持氏が破れ自害したのが、永享の乱

問題なさそうに思えるのだけど、鎌倉公方がいなくなってしまうわけだから、これ以降関東が騒乱の時代になった。応仁の乱の前に、関東周辺は既に責任者不在、統括勢力の不在という形で混沌としていたと。

幕府という組織も変わっていて、鎌倉幕府の時代でも幕府を興した源氏は3代で途絶えてしまい、北条氏が執権という形で政治を行っていた。
将軍がいなくて、執権になったのか・・・程度の認識だったけど、実際には征夷大将軍は京都から派遣されていたりして、存在していた。

征夷大将軍を補佐する執権が実権を握って政務を行っていた。もう、この段階で無茶苦茶。
本来は、天皇を主体とした朝廷で政務を行うのを、征夷大将軍が変わって行うというのが「幕府」のはず。その幕府の責任者が、「執権」に任せる・・・という段階で、もう誰が責任者なのか・・・

元が襲来したときも、事前に使節団が来ていたけど「この国の一番偉い人は?」と聞くと「天皇」と答えられて、天皇に会おうとすると「いや、今は鎌倉で征夷大将軍が幕府を開いて担当している」と言われるんだろうな・・・

そこで、鎌倉に行くと「いや、今は北条得宗家が執権として政務をしている」・・・って言われる。もう!なんやねん!!!

ってなことを思ったんだろうな・・・執権と話をしても、外交になると「朝廷の意見も聞かないと・・・」なんて言われたら、どう思ったんだろう。

鎌倉幕府は、終盤になると「執権」ですら力をなくして執権を補佐する「内管領」が力を持ち実権を握っていたから、もう・・・なんなんやろ。

その鎌倉幕府を倒して次に室町幕府が出来るのだけど、最初から北朝南朝という形で対立し、京都にいたもんだから朝廷勢力との関係もあり最初からごたごた。

将軍も若くして亡くなったりするので、年少の将軍ばかりで力がなく、結果部下である管領とか守護大名が力を持ち、応仁の乱から戦国時代という事になってしまう。

結局、責任者が不在になった瞬間に色々な勢力が争いを始める。責任者不在というのは、恐ろしい結果を招く。
そういう会社って多いよね・・・責任者って誰なんだろう???って感じの。

 

家康公暗殺説

家康公と言えば、徳川幕府の開祖にして東照宮にも祀られている。暗殺説とか、影武者説など色々とあるのだけど、3つも暗殺説があった。

まず、桶狭間の戦いで暗殺されたという話。
というのも、その後の行動が以前と変わったという話と、正妻と嫡男を殺したということから「影武者とばれること」を恐れて殺したという話・・・
それであれば、もっと沢山殺さないと辻褄が合わないような・・・

次に、関が原の戦いの際に暗殺されたという話。
ドラマとかでも、出陣する時に騎馬武者が家康のぶつかるシーンがあるのだけど、その際に刺されていて、その傷が原因で死亡したという話もあったりする。
この時代は、どの武将にも影武者がいるのは当然で、有名なところでは武田信玄の影武者は弟の信廉であったという話。
ただ・・・配下の武将が知らないというのもあり得ない話。

関が原から16年も生きているので、なかなか難しい。

最後の説は、大阪夏の陣真田幸村に殺されていたという話。実際に、亡くなる前年の話で、1年間は誰にも会おうとしなかった・・・という話もあるので、この話は説だとしてもあるかも知れない。

夏の陣で激戦となり、幸村隊の総攻撃を受けて、何度も自害しようとして部下に止められたという話も伝わっている。桶の中に隠れて逃げる際に、幸村の配下に桶ごと刺されて死んだという。刺されても声もあげずに、血を自ら拭って痕跡を残さないようにしたらしいのだけど、南宗寺に到着した際に絶命していたとか。

南宗寺には、家康公の墓と言われるものや秀忠、家光が訪れた記録があったりする。更に、戦前には東照宮と呼ばれる立派な建物まであったとか。

1年後に、「鯛のてんぷら」にあたって死ぬというのはどうなんだろう?健康オタクの家康がてんぷらで死ぬのか・・・不思議だ。

 

今日は、土用の丑の日だった・・・

この時期になると登場してくる「土用の丑の日

小さい頃は、「土曜」と思っていたので、「土曜じゃない・・・」と思ったものですが、土用って今でも微妙な感じです。
というのも、五行に由来していて「木、火、土、金、水」の5つが全ての根本という考えがあって、土以外は季節があてはめられていて、土だけないのです。

春は、木・・・なんとなくわかりますね。春は、新芽とか出てきます。夏は、火・・・暑いですからね・・・
秋は、金・・・う~ん、どうでしょう? 冬は、水・・・これはわかります。

それで、土ってどこにもはまらない。そこで、それぞれの季節の変わり目の立春立夏、立秋、立冬の前の18日間を土としたと・・・その期間は、土用ということらしい。
その土用の期間で「丑」の日を土用の丑の日と呼んで「う」のつく食べ物を食べましょうと。

ちなみに、今日は「癸丑」(うずのとうし)の日。九星では、「五黄土星」。ここでも、土が出てきます。
今年は、8月6日も「乙丑」(きのとうし)で、土用の丑の日。九星では「二黒土星」。

うなぎ屋さんは、今年は大忙し。

由来も結構ないい加減な感じですが、大安とかの六曜も結構酷い。元々、六曜はあるけども吉凶を占う要素に過ぎないので、単独では判断できない。それが、いつの間にか単独で吉凶を占う話になっていた・・・

「大安」だからって、みんなにとって良い日なんてあるわけない。酷い話だ・・・・・・・