とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

5Gは、夢を語りすぎだと思うのだが

アメリカ、韓国で5Gの通信サービスが開始されました。ニュースでは、これから5Gが普及するとこんな事ができますと説明されてました。

 

まずは、高速、大容量の通信が可能。これは、単に早くなるという話。

 

次に、低遅延。これで、自動運転などでも活用でき、更に開発が進むと予想されてます。

遠隔医療などにも活用が期待されるとも。

 

5Gが導入されることで、色々なサービスが提供できるような話になってましたが、実際には難しいと思ってます。

 

5Gの要求仕様

  超高速通信  最高速度10Gbps

  超低遅延  1ミリ秒程度

  多数同時接続  100万台/km2の接続

 

モバイル通信として使うには、4ミリ秒程度最大遅延という仕様らしいのですが、それだけの遅延に抑えるのは難しいと思うのです。

 

f:id:imsdJava:20190409115602p:image

 

現状での通信システムは、こんな感じのはずなのですが実際のデータなどが格納してあるサーバまでは、通信回線を使います。アンテナの性能がいくら向上しても、アンテナ局からの通信回線を太く早くしないと遅延を少なくするのは難しいです。

 

アンテナで受けた信号は、電気信号なので光ケーブルを通すには光に変換する必要があります。

それぞれの機器で、数ミリ秒の遅延が発生するので遅延はゼロにはできません。

サーバなどでの処理時間もかかるので、遅延時間を改善するには設備の増強が必須です。

 

5Gに対応したアンテナを設置するのも大変な作業です。それに伴って、回線の増強などもしなければ回線がネックになり、速度が出ません。

 

アンテナに近いところにサーバを置いて遅延を少なくするようですが、各地区にサーバを置いてデータを同期するのも大変な作業です。

 

現状ですらデータ量が増えてデータの使用量が決められているような状況で、もっと高速な無線になれば更に制限がかかるでしょう。

 

5Gになれば自動運転もできるという感じの報道は怪しい限りです。電波が届かない場所や、地域ではどうするのか?通信がありきでの自動運転は怖すぎます。自律走行が前提でないと使えません。

 

4Gになって変わったのは、YouTubeが見れるようになったくらい?では?5Gになったとしても、モバイルルータとしてスマホが活躍するくらいでしょうか?

 

それでも、通信制限かかるだろうなー。

 

 

韓国ドラマに出てくる刀について書いてみる

韓国ドラマでは、たびたびこんな刀が出てきます。

f:id:imsdJava:20190329130256p:image

 一見すると中国風な刀ですが反りのある片刃の剣です。反りのある刀といえば日本刀ですが、毎度のように出てきて、こういう風に言われたらどう思うでしょう。

 

 「日本刀も韓国が起源だよ」

 「発祥は、韓国だよ」

 

なんてことを言われると信じるでしょう。ただ、最近のドラマになって沢山出てくるようになってます。ちょっと昔の歴史ドラマでは(両刃の直剣)です。

 

一般の兵士は、刀なく変わった槍を持っていて、装備も布に肩などの金属の保護具がついている程度です。

f:id:imsdJava:20190329134930j:image

 

 実は、剣道の起源も韓国という話をしていて、剣道には日本刀が必要なので、日本刀の起源も韓国という話にもっていっています。なかなか無茶な話です。突然、日本刀の起源が韓国だと言っても色々と辻褄があわないことが出てきます。

 

 ただ、韓国の人の思想は「こうあるべき」とか「こうなっていないほうがおかしい」という理想であったり希望が先で、それに合っていないのは法律だったり周りが悪いという考えになります。

 財閥の人が問題を起こしましたが、本来なら刑事罰になるような話ではありませんが、感情論が先にいって有罪になっています。

 

 劣った国の文化は、韓国発祥でなればいけないという発想になるのか、剣道、相撲、茶道などなど韓国発祥と言い出し、桜まで韓国発祥という話まで言っているとか。

 道具だけ突然自分の国が発祥と言っても、日本刀を作るには、砂鉄からたたら製鉄で玉鋼を作り、独特の組み合わせで鋼を組み合わせ、焼きを入れて、研磨し作るまでの工程が必要です。

 更に、道具に合わせた使う技術も必要で、日本には沢山の剣術流派が存在しています。作る技術に関しても、同じ技術で包丁などを作っているお店も沢山残っています。

 また、関連して文献も残っています。起源説を言うなら、日本よりも古い時代に作る技術、使う技術が確立していないといけません。完成品としては日本刀も、倭寇によって朝鮮半島や中国にも知れ渡り、輸出されていたそうなので、完成品が渡っています。

 

 日本の歴史の上では、日本刀として反りがある刀が出てくるのは、平安時代末期と言われています。ちょうど、武士が台頭してきたころです。日本刀は、2つの性質を合わせもっています。よく切れて折れにくい。

 

 これは相反するものです。よく切れるには、硬いほうがいい。しかし、折れやすくなってしまう。柔らかくすると折れにくいけど、切れない。そこで、硬い鋼を柔らかい鋼で挟んで解決しました。

 この組み合わせの方法が、時代や工房で色々と違うそうです。

f:id:imsdJava:20190329132346p:image

 日本刀の特徴に波紋があります。

f:id:imsdJava:20190329132440p:image

 

 刃紋は、焼き入れの際に塗る粘土で模様が出来上がります。刃があるほうは薄く、それ以外は厚く塗ります。薄く塗った刃の部分は、焼き入れで高温になり、硬くなります。硬くなるので切れ味がよくなります。それ以外は、刃よりは温度が低いので柔らかくなります。

 この時に、反りが出来上がります。つまり、刃紋と反りはセットみたいなものです。単なる反りがあっても、それは大きなナイフでしかないのです。

f:id:imsdJava:20190329132815p:image

反りに合わせて鞘を作るので、鞘もそれぞれ違います。元の鞘に戻るという言葉は、刀と鞘がセットだという意味から来ています。

 

 日本刀というのが、沢山の技術などで出来ているのがわかります。しかも、他の武器より使いにくい武器であるため、沢山の剣術流派であったり、居合などの技術も存在します。居合では、抜刀術も練習しますが、必ず鞘に戻す納刀までの所作も教えられます。

 

 武器としてみると、日本刀は優秀だとは残念ながら言えません。作るのが大変だからです。太極拳で使うような細身の直剣のほうが扱いやすく使いやすいでしょう。

 鎧で武装している相手には、中国の三国志のドラマで出てくるような両刃で重量のある武器のほうが使えます。切れなくても、重さで叩いて衝撃で脳震盪を起こしたり出来るからです。

 鎧兜で武装した武士の装備の隙間を狙うような戦いでは、日本刀が有効です。

 

 

 

 

 

ネットニュースでは韓国の話題が多いけど

 ネットニュースでは、毎日のように韓国や北朝鮮に関する記事が表示されます。

正直、もう飽き飽きな感じです。

 

「またか……」

 

 内容もいつものパターンで、見るだけ無駄なことが多いです。

そう言っても、ついつい読んでしまうのですが。

 

 先日の記事では、韓国は利用価値がない相手は、相手にもされなくなるという記事が書かれてました。

ビジネスで、韓国企業と取引がある会社で、先方の強い要望で韓国に支店を作って、いい関係だったのが、利用価値がないと判断された時から相手にもされない。

 韓国は競争社会だから、自分にとって利用価値がないと判断されると態度が変わるというのは普通だとも書かれてました。

 

どこでも競争社会だと思うのですが、韓国だけは競争が激しく大企業に入るために一流大学に入ることが大切で、受験戦争も厳しいというイメージがあります。

 しかし、どこの国でも同じだと思うのです。大きな会社に入った方がいいのは、どこの国でも同じでしょう。いい大学に入ったほうが就職に有利なのはどこでも一緒。日本だって、相当な学歴社会。

 大学を出ていないと、就職してからの出世も全然違います。高卒では、課長になればいいほうです。

大卒だと、能力がなくても課長までは出世しやすいです。

 実力主義だと思われがちな自衛隊だって、防衛大学校を出ていないと尉官以上の幹部になるのは非常に難しい。

 どこの世界でも、国でも学歴主義なのは同じでしょう。

 

 韓国の受験のニュースでは、毎年のようにパトカーなどで受験会場まで送ってもらう映像が流れますが、これも原因は韓国の不正と関係しています。会場を早く決めてしまうと、不正が行われるので、直前まで会場などを決めないそうです。これも、昔から行われています。科挙という役人の登用試験でも、役人を買収して問題を教えてもらったり、朝廷の高官の親戚とかにも事前に教えていたり、有利になるように働きかけたりします。親戚のだれかが朝廷の高官になろうものなら、沢山の親戚が要職について一族の有利になるように取り計らいます。

 

 今でも同じですね。問題になっている財閥でも、要職は一族で抑えてます。財閥というのは、そういうものですが、やり過ぎな感じがします。

 

 王族同士の争いも凄まじく、王の存命中から相続争いで王子同士で殺し合いをするし、王が死んだら前王の幹部から親戚含め殺してしまうのが普通。現代でも大統領が変わってから、大統領が逮捕されるのも歴史ドラマを見ていると普通と思ってしまう。

 王権の維持が難しいのか、反乱の種になりそうなものは徹底して潰すのが正しいという考えです。兄弟だったり、対立する派閥も王を倒すために他国の力を利用したりします。

 隣の中国の力を借りれば王権を奪うのも可能だし、実際に行われているので徹底的に潰すというのが日常的に行われていたのかも知れません。状況に応じて、色々な力、勢力を利用するというのは昔から同じですね。

 

 隣の国は、そういう国だということで、友好的な国なんて思わずに単なる隣国として淡々と接するほうが一番でしょう。民族や国によって考えや思想は違うのは当たり前。

 日本だって、歴史を見ると天皇がいて将軍がいて、さらに将軍よりも執権が力を持っていたりする時代がある。他所から見れば、だれが権力を持っているかわからないし、曖昧な国だと思われる。

 国同士で違いがあるのは当然。国内だって、地域が違えば色々違う。違いがあっていい。

 

 でも、関わりたくない所もあるので、そういう所とは極力関与しないというのが一番でしょう。

 

韓国ドラマを見る時は、気をつけないといけないことがある

韓国ドラマも、おもしろいドラマがあったり、歴史物だと朝鮮の歴史の勉強や考えかたの勉強にもなるので、たまに見たりします。

韓国との関係は、徴用工や慰安婦、レーザー照射などでギスギスしています。
関係改善の糸口も見えず、日本政府は対抗措置も検討しているとか。

それに対して、韓国政府は対抗措置を実施した場合の対抗措置も検討するとか。

もう、子供の喧嘩レベルです。

そもそも、問題を起したのは韓国側なのは明白なのですが、経済的な対抗措置というのもどうなんでしょうね。
韓国には、スマホ用の電子部品など輸出している物も多い。関税の引き上げなどを実施すれば逆に自分の首を絞めかねない。

ニュースサイトで最近はよく韓国関係の記事がリンクされている。韓国の大手メディアの記事がリンクされていたけど、北朝鮮との関係の記事で、北朝鮮ともアメリカとも上手くいかない。ここは、憎くても日本と親しくするしかないという記事が書かれていた。

嫌いというレベルではなく「憎い」という言葉が韓国の大手メディアの記事になっている。
歴史的な関係で見ても、親しくすることなんて到底無理だと認識しておいたほうがいい。

気軽に韓国旅行に行って「韓国大好き!」なんて思って行っても、相手がそう思っていないことを認識したうえで行動しないと危ない。

実際に、繁華街などで日本語で大きな声を出すと、ちょっと雰囲気が危ない事になると、最近の報道で現地の特派員が話していた。

そんな事を考えながらも、韓国ドラマを見ていると怪しい場面があった。
朝鮮時代の医師がタイムスリップして現代に・・・というどこかで聞いたような話。
日本でも大ヒットした「仁」は、韓国でもリメイクされている。しかし、このドラマは逆パターン。
「仁」は、現代の医師が過去の時代に行ったけど、このドラマは朝鮮時代から来ている。

危ない状況になると現在から過去、過去から現在という移動ができるのはオリジナル。
過去というか朝鮮時代に行った際に、いつものように「文禄の役」の設定。
韓国では、「壬辰倭乱」と言うらしい。

この言葉の時点で下に見ているのがわかってしまう。
壬辰は、年を表していて、倭は日本の呼びかた・・・だけど、倭という言葉で既に下に見ている。
国名などに「女」という文字が入ると下に見ている証拠になる。

同じように下に見て野蛮と言っていた朝鮮半島の北にいた民族も「女真族」と呼んでいた。
かつては、倭国と呼ばれていたけど、中国が隋の時に国名を変えると使いを出したけど無視され唐の時代になって日本として認識されていたよう。

李氏朝鮮の時代は、中国では唐から宋、元、明となっている時なので、「倭」という表現じたいが下に見ている証。
さらに、「乱」というのは、権力者に対して反乱を起したという使い方。戦争は役なので、ここでも倭という下の国が上の国に対して、反乱を起したというイメージになる。

話を戻そう。ドラマの主人公が日本の将軍が怪我をしている時に会い、怪我を治すという話になるのだけど、その将軍が「沙耶可」と言い説明の字幕では、「朝鮮の事を慕い、朝鮮に帰化し鉄砲の技術を教えた」ということが書かれていた。

初めて聞いた話だった。そんなことがあったのだろうか?
朝鮮側の記録では、加藤清正の配下の武将で、3,000人の兵とともに朝鮮側に寝返ったらしい。
当然、日本にはそういう記録はない。

加藤清正は、文禄の役のときは、1万人の兵を連れていっている。
1万人のうちの3,000人が釜山に上陸してから寝返ったと考えられるだろうか?
しかも、国内の戦ではなく海外での戦。海外に渡ってから寝返れば、国内にいる家族などはどうなるか?
安易に想像ができる。

規模としても、降伏する時期にしても納得できる内容ではない。
ドラマの中のネタとしてはおもしろいのだけど、無茶苦茶。それに、都に進撃してきた日本軍は民に見境いなく攻撃し、子供を鉄砲で撃ったりしている。

まあ、ドラマでも日本=悪としたいのだろうけど、無理がある。

通過する場所でそんなことしていたら、武器ももたないし、鉄砲の弾をそんなことに消費するはずがない。
無茶苦茶すぎる・・・

朝鮮側は、日本からの通達なども無視し、釜山上陸の知らせを聞いても有効な対策も指示できず、都に迫ってくると王族は明に助けを求めるとして、逃げ出している。

逃げ出している王の籠に、民衆は石を投げつけていたらしい。これは、韓国のドラマでもそういうシーンがあった。
釜山上陸後、半月あまりで首都は占領されている。その際には、民衆や官僚によって強奪や放火があったとか。

これも、韓国側では「日本がやった」という記録に変えるのだろう。

しかし、この段階での目的は「明」であり、朝鮮は通過点にし過ぎない。そこで略奪などを行為をすればどうなるか?戦国時代を生きた武将なら誰でも理解できることだろう。

実際に、首都を落としたあとに、先遣隊は明に向けて移動している。

歴史上の記録などは、いつでも権力者のいいように変えられてしまう。しかし、実際の出来事や状況から本当なのか?どうかは判断ができる。

ドラマでおもしろいように作るのはいいのだけど、韓国ドラマの場合は、歴史的な部分は疑ってみたほうがいい。

最初に見ておもしろいと思った「善徳女王」
純粋に面白かったのだけど、そのなかで絶大な権力を持ち頭の切れる美室(ミシル)という人物が架空の人物であったのを知って、裏切られた感じがした。

話の大半が、このミシルとの戦いであり、この人物がいないとなると、全く話が成立しない。
同じように、歴史書に1行しか出てこないような人が何十話にもなるドラマの主人公になっていたりする。

フィクションといえば、そうなのだが・・・

「善徳女王」のなかでも不思議に思ったのが花朗(ファラン)という組織。
ドラマの中では、武術に優れた若者の集団で、王女直属の部隊という設定。さらに、戦の前などに「化粧」をする。
ここで「???」と思った。

さらに、この花朗(ファラン)は戦争になれば軍隊と同じように派遣される。これも不思議だ。

王女直属であれば、基本的に親衛隊。通常の軍事訓練などしていないから、他の軍団と同じような行動は練習していないと難しい。
更に、親衛隊のレベルなので少数。600年代の編成で、少数の部隊では、他の軍団と同じような活躍は期待できない。

武芸に優れて、化粧をした美男子が戦場でも一番の活躍をする・・・まあ、いいんですが・・・

李氏朝鮮は、1392年から1900年代まで長い間続いた王朝で、そのあとの大韓帝国李氏朝鮮から改称したもので、朝鮮時代の慣習や考えがずっと続いていると思える。

李氏朝鮮時代の考え方で、今の韓国とかを見ると納得できる部分が多い。
「日本はいつまでも、倭であり下の国。だから、朝鮮のほうが優れていないといけない。
 日本には、下の国だから天皇なんて呼ばない。国王としか言わない。
 辻褄があわないところは、嘘をついても改ざんしてもいい。
 だから、何をしてもいい。」

ちなみに、「女真族」と呼んで蔑んでいた部族から「ヌルハチ」が登場し、部族を統一し「金」となり、その「金」が明が滅びた後の中国を支配し「清」となり、朝鮮半島も属国として支配することになるのです。

国が違えば習慣も考え方も違う。韓国の人達の考えかたも「そういう考えもある」と認識し、接していくしかない。

日本が今重要視するべきなのは、アメリカ、ドイツ、イギリス、中国、ロシア、インドなどの国だと思うのです。韓国からは、日本はかつてほど重要視する国ではなくなった・・・なんて言われていますが、こちらからはずっと前から重要視はしていないと思うのです。

ハノイでの会談はなんだったんだろう

ベトナムで行われたアメリカと北朝鮮の会談は、なんの合意もなく終わってしまった。

沢山の人が動いていただけに、なんだったんだろうと思ってしまった。

 

北朝鮮側の立場で考えみる。

 

核放棄をすれば経済支援とか得ることができるかも知れない。

しかし、核があったからこそ、超大国アメリカの大統領と直接会談もできた。

核がなければ、経済もダメだし、軍事的にもない。国際的な影響力も限定的。

 

多くの資源と人も動員して、時間も多く使って核を開発し、搭載するミサイルまでできた。

これを放棄すると何もなくなってしまう。

 

国内でも、どうなるかわからない。

 

中国を頼りにしたいけど、。貿易摩擦アメリカと交渉している。

中国経済も落ち込んでいる時にアメリカとは友好的にしたいだろう。

 

核を放棄したからと言っても、どこまで支援してもらえるかわからない。

ベトナムのようになるかも知れないけど、ベトナムと決定的に違うのは、ベトナムアメリカに勝った国だ。

中国の支援もなく、アメリカ、韓国と戦って勝てる可能性は低い。

軍部もどこまで信用できるのか?

 

国内秩序ためにも核は必要。

 

部分的な放棄でしか交渉はできない。

 

北朝鮮側は、最初から交渉するカードはこれしかない。

これ以上もない。

 

アメリカ側も、北朝鮮のミサイルがあるので日本に地上配備型のイージスシステムを購入してもらえる。

韓国に、xバンドレーダーも配備できた。

北朝鮮の脅威を煽るだけで、アメリカの軍需産業は潤う。

 

残念ながら、平和的な解決は今の時点では誰も望んでいないのかも知れない。

いつの時代でも、苦しむのは民衆だし、力を持っていない人達。

ひもじい思いをする人が減ることを祈ることしか出来ない。

韓国との関係を韓国側になって考えてみる

戦後最悪と言われている韓国との関係。
戦後だけでなく歴史的にも韓国というか朝鮮半島との関係は難しい部分が多かった。

日本との関係を色々というよりは、「韓国側」として考えてみるとどうだろう?

1.日本との関係が希薄になっている
経済的な関係としては、貿易に関しては10%にも達していない。
アメリカとの取引も減り、圧倒的に中国が増えている。
経済的な関係としては、日本やアメリカを相手にするよりも中国のほうが近くて、規模も大きい。
今後の成長を考えても、中国のほうが先がある。

2・北朝鮮との関係改善
北朝鮮との関係も良くなっている。更に、関係を強化したほうが、戦争というリスクも減らせるし、経済的にも、北朝鮮を労働力として活用できる。
そのためにも、北朝鮮に対して大きな影響力を持つ中国との関係を重視したい。

3.両方を活用するには
アメリカや日本から支援してもらうにも、中国に近寄ることで更に大きな支援を得られる可能性がある。
中国側にも、友好的に接することで中国側からも支援を得られやすくなる。

4.責任回避
中国、アメリカ、日本、北朝鮮など他国の要因を多くだすことで、自分の責任を回避できる。
何かあっても、「アメリカからの協力が足りなかった」とか「北朝鮮が核放棄しなかった」など他国を理由にできる。

韓国の立場で考えてみると、日本からの影響が少なくなってきているし、政治的に叩ける要素があるから、今の状況になっていると考えられる。

では、北朝鮮との統一は考えているのか?と思うと、それも難しい。
統一政府みたいな形になれば、北朝鮮側が有利なのは確実。

結局、韓国は今の状況が一番美味しい状態なのだろう。

中国に近づいて、アメリカからの支援を得て、日本は、色々な理由をつけて賠償金でも何でも頂いてしまう。
中国からは、アメリカの情報などを流して、経済的な結びつきを強くする。

でも、これって昔から朝鮮半島は行ってきたこと。新しいことでもなんでもない。
北朝鮮と統一すると、中国とは隣国になり影響力が大きくなり、北朝鮮の政治家のほうが力を持つだろう。
中国がバックになれば、昔から中国との関係がある北朝鮮側が有利になるように動くのは当たり前だから。

結局、韓国の立場になっても、有効な解決策は見えてこない。
経済大国となり、軍事的にも拡大している中国任せのほうが、楽なんだろうな。

姿勢が悪いと感じたら、インナーマッスルを鍛えよう

段々と姿勢が悪くなってきているのは感じていた。自分なりに姿勢を良くして座っているつもりでも、長時間は無理なので、つい楽な姿勢になってしまう。

そういうことの繰り返しも影響しているのか、インナーマッスルが弱っているらしい。
比較的、鍛えているほうなので、腹筋運動やプッシュアップなら100回くらいは普通にできる。

それって、アウターマッスル・・・なんですね。そう言われても、インナーマッスルってどうすれば・・・

という感じでしたが、雑誌やネットでインナーマッスルの鍛え方を勉強してやってみても実感がない・・・

最近、通いだした整骨でEMSでインナーマッスルを鍛える器具が導入された。
説明を受けてやってみたのだけど、これがまた凄い。EMSだから電気を流すことで勝手に筋肉が動いてしまう。

しかも、インナーマッスルなので、どこの筋肉?という感じ。

それが意思に反してグワングワン動く。なんか不思議。

インナーマッスルは、瞬発力がないけど持久力はある。力は弱いけど姿勢を保持するなので使われる。
通常の腹筋運動ではなく「ゆっくり」とした動作でないと効果が出ないというのは遅筋だからだろう。

今まで鍛えてきた運動では効果がないはずだ。

インナーマッスルは、20歳から年1%くらい低下するらしい。アウターマッスルは、落ちるのも早いけど着くのも早い。落ちてくればわかるので、筋トレして復活を繰り返すこともできるけど、インナーマッスルは、鍛えるのも時間がかかる。

そこで、EMSなどで無理やり動かして鍛えるという方法を選んだけど、金額的にお高い・・・財布には厳しい。

お腹の中にも、財布の中にも厳しいトレーニングだ。

同時にインナーマッスルレーニングも実施していく。ヨガもインナーマッスルを鍛えるのに効果あるそうだけど、今まで全然やってこなかった。

動かさずに止まっているだけの運動が「運動している」と思えなかったから。
しかし、年齢に逆らうことはできない。鍛えていなかった部分が衰えて影響するまでになってきた。

いつも姿勢を気をつけないといけないってのも、楽はできない仕様になっているんだなー。

厳しいー