とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

自衛隊の新型小銃は、豊和工業製

hobbyjapan.co.jp

令和元年12月6日、防衛省陸上幕僚監部は現在装備されている89式5.56mm小銃と9mm拳銃の後継として、新小銃を国産の豊和工業製「HOWA5.56」に、新拳銃をドイツH&Kの「SFP9」に決定したことを発表した。

 自衛隊の装備は、あんまり注目されることがないのですが、89式から新小銃に変更になるようです。拳銃も、SIG P220から変更されるんですね。

 日本の場合は、民間の需要がないので、新規の銃を開発しても購入先が限られます。輸出も基本的にはできないし、人気もなく凄く小さなマーケットなので開発費もかけれません。

 拳銃は、重要度が低いからでしょうか、海外からの買い物です。小銃だけは、自国開発と自国生産でしょうが、形はどこかで見たような形です。

 お金をかけれるアメリカ軍と違って、予算も限られている自衛隊では仕方ありません。

 米軍の採用しているスナイパーライフルのベースとなっているSR25では、500mの距離で15cmの集弾性能が保証されているようで、スナイパーライフルとして開発されたものでも、500m以下でないと狙撃は厳しいようです。

 500m先の15cmの範囲というのは凄いのですが頭部の中心を狙ってギリギリ当たるかどうかの範囲です。 

 それを考えると、飛んでくるミサイルをミサイルで迎撃するなんて神業です。軍事は、いくらお金をかけても終わりもないし、完璧というのもありません。競技用や趣味だけで射撃は終わらせたいものです。

楽天モバイルの皺寄せ

 楽天のポイント還元率が低くなったり、楽天ゴールドカードの得点など色々な所で、ポイント獲得が厳しくなっている。なぜ、そうなるのか?楽天モバイルの影響だろう。初めからわかっていたことで、携帯用の設備投資はとんでもないお金がかかる。そのお金をどこから調達するのか?楽天には、楽天市場しかない。

 楽天が球団を買った時にも、色々と楽天市場で変化が起こった。販売手数料の上昇や、出店料の割増など。それ以外にも、ちょこちょこと出店している所からお金を取るための政策が実施された。

 楽天で、実際に利益を上げているのは、やはり楽天市場だ。そこに出店しているお店から、少しずつ徴収できれば莫大な金額になる。楽天で商品を購入すれば自動的に楽天ポイントが1%ついてくる。これは、お店側が負担している。ポイントでお買い物できるけど、ポイントは貯める人の方が多いだろう。

 そうなると、お店からは毎月のようにポイント分のお金は入るが、同じ額が毎月出るわけではない。ポイント何倍とかの企画も、大概はお店負担だ。楽天としては、ポイントアップとかで広告をしているという主張なんだが、普通に商品が売れた時にも、販売手数料は取られている。

 システム使用料だとか、それ以外にも必要になる。手数料を数%上げるだけで、楽天は何もしなくても利益が上がる。この仕組みを覚えてしまった楽天は、楽天市場の拡大よりも、いかにお店から徴収するか?に方針が変換したように思える。

 特に、球団を買った時くらいから加速しているように思える。球団を購入し運営するには、莫大な資金が必要だ。それに見合う収入は、球場での収入だけでは厳しいのは明白だ。だからこそ、スポンサー企業がオーナーとなっているわけで、球団を所有した時から楽天は変化していった。

 同じように、DeNAも球団を持つ前に、手数料などがアップになった。理解できないのは、プロ野球というのは昔はゴールデンタイムで放送されるようなメジャースポーツだったが、今ではゴールデンタイムでの放送もない。

 スポーツのコンテンツとしては、やはり凄いのだけどプロ野球球団を持つメリットというのが、見えてこない。企業イメージのアップとか認知力アップなどもメリットなのだろうけど、かつてほどの影響力はないだろう。

 楽天とかDeNAなどのネット系の会社という比較的新しい業態の会社とプロ野球とは、どう見ても相性がいいとも思えない。

 楽天の場合は、さらに新しく携帯会社を作ってしまった。MVNOとして、運営していたのだが、MVNOの場合は、キャリアに設備を借りて運営するので、収入の大半はキャリアに使用料を払わないといけない。

 自前で設備含めて構築して、運営した方が収入全てが自社で使えるので、いいのだが。

 短期間で、全てのネットワーク、アンテナ設備を構築できないので、楽天モバイルも自社の電波が届かないところは、auKDDI)の設備をローミングとして使っている。結局、auに使用料を払うわけだが。

 設備投資が莫大になるのは明白なので、その皺寄せは当然、楽天市場にいく。出店しているお店だけの負担では、どうにもならないレベルなんだろう。ポイント還元率など利用者へも皺寄せがいくようになった。

 そうなると、楽天利用者が減っていく。利用者が減ると、売り上げが減る。お店への負担も増やす。そうなると、お店が減る。お店が減れば売り上げが落ちる。さらに、利用者へのポイントや特典を減らしていく。

 そう、悪循環だ。消費税と景気と同じようなものだ。簡単にとれるところから取ると、その反動は自分に返ってくる。理屈は、それこそ簡単で単純だ。

 楽天モバイルは、1年間無料の期間があるが、最初に契約した人がそろそろ1年経過する。1年無料というのも変な話だ。利用者は、いいのだが、本来かかっている経費は誰が払っているのか?

 1年無料で使って有料になる瞬間に、ドコモなど大手キャリアが発表している新しい格安プランに変更する人が大半だと予想する。無料だから使っているだけで、同じような金額なら大手キャリアがいいと思う人が多いから。

 MVNOと呼ばれる通信料が安くなる会社を利用している人は、全体の20%もいないくらい。大手キャリアの利用率が高いのは、高くても近くにショップがあって、大手という安心感があるからだろう。面倒くさいというのも、大きいのかもしれない。

 莫大な資金で設備投資をした楽天は、簡単には携帯事業を止めることができないだろう。巨大な赤字を垂れ流しながら、さらなる利用者増加のために資金を投入し、本業である楽天市場などから資金を投入しつつ、出店者、利用者から金を搾り取り、モバイルに注ぎ込む。

 それでも、携帯事業で数年後、数十年後に莫大な利益が見込めるなら我慢する時なのだろう。ドコモ、auソフトバンクが、そこまで何もしないなんてこともない。更なる競争が始まることだろう。

 ソフトバンクvodaphoneを買収して携帯事業に進出した際は、iPhoneの独占販売という武器を持って参入してきた。すでに、全国的な設備を持っていたvodaphoneを買収したからこそ可能だった。vodaphoneも、全国的にサービスをしていたJーPHONEを買収したから日本でのサービスができた。

 ドコモも、auもNTT、KDDIの子会社。どちらも、通信の会社だ。ソフトバンクも、JTを買収しているしADSLサービスをしていた通信会社だ。楽天は、ネット通販の会社だ。通信のプロではない。

 PHSの会社を買収したり、通信系の企業を手に入れてからでも遅くなかったのではないだろうか?

24JAPANの続き 狙撃について

 24JAPANの狙撃シーンで、スコープを外しているシーンにも違和感があったのだが、アサルトライフルを使っているのも違和感ありまくり。

f:id:imsdJava:20210219152532j:plain

 こんな感じで、キャリングハンドルと呼ばれる持ち手があり、スコープはこの上に載せることになる。

f:id:imsdJava:20210219152609j:plain

 そうすると、スコープで覗いて中心に標的を捉えたとしても、スコープと銃口の段差だけ着弾点がずれることになる。ゲームのように、全く弾が落下しないとしてもだ。

 銃弾も、重力によって落下する。落下するのは、同じ高さから落とした時に落ちる時間と変わらない。でも、ライフル弾は、880m/sという音速を超えるスピードで進んでいくので、落ちる前に遠くに飛んでいる。飛びながら空気抵抗などで減速するので、遠いほど落差は大きくなる。

 アサルトライフルだと300mくらいの距離で、照準の真ん中に飛ぶように調整する場合が多い。左右のずれは、全くないようにしていないと、距離が遠いほど同じように大きくずれてしまう。左右のずれがなく、距離だけ上下の調整をするようにしておくほうが当たりやすい。

f:id:imsdJava:20210219153302j:plain

 300mで目標に対して当たるように実際に弾を撃って調整しておかないと、ぶっつけ本番ではどんな名手でも無理だろう。ライフルにスコープを乗せて調整した後で、スコープを外すのは避けたい。

 実際の狙撃では、観測手と呼ばれる人が隣にいて、双眼鏡で距離の測定や発射した後の弾着場所で、次に撃つ時のスコープの上下左右の調整を指示してくれる。弾のメーカーによっても、銃口から出る弾のスピードが変わるので、事前に同じ弾で調整しておかないと1発で、目標の狙撃なんて無理だ。

 狙撃用に設計された銃には、サポートするためのアタッチメントが多くついているし、銃口とスコープの段差も少ない。
f:id:imsdJava:20210219153856j:plain
狙撃用のライフルは、連射はできないけど1発のために作られている

f:id:imsdJava:20210219153851j:plain

 俳優さんが詳しくなくてもいい。殺陣のように、誰か詳しい人がいて、アドバイスしていれば、もっとリアルにできる。凄い俳優陣が出ているだけに、ちょっと残念。日本版は、違うところに重点を置いているというなら、それでもいいけどCTU(カウンター・テロ・ユニット)を名乗ってはいけない。警視庁なんとかかんとかだったら理解できるけど…

文大統領も、方針転換か?

s.japanese.joins.com

韓国の文在寅ムン・ジェイン)大統領が旧正月の12日、韓国語と中国語・ベトナム・英語で周辺国に新年の挨拶を伝えた。

文大統領は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を更新し、「お正月を迎えた隣国の皆様にも新年の挨拶を伝える。2021年、新年に健康と平安が満ちることを願う。我々皆がマスクを脱いで再会できる日が来ることを期待している」というメッセージを伝えた。

文大統領は韓国語に続き、中国・ベトナム語・英語の順でメッセージを書いた。日本語のメッセージは載せなかった。

 韓国語の次が中国語というので、文大統領が中国を一番重要視しているのがわかる。それにしても、人権派の弁護士であった文大統領が人権問題があるとされる北朝鮮や中国を重視し、西側諸国から離れようとしているのが本当に理解できない。

 ミャンマーでクーデターが起きたが、ミャンマー軍を支援しているのは中国で、クーデターを起こせば世界からは経済制裁をされるのはわかっていたはずだが、中国が支援してくれればクーデターも可能だと判断したのかもしれない。

 中国の牽制で、少し前は中国と親密であったイギリスやオーストラリアは日本との連携を強化している。ファイブ・アイズにも日本は参加するのではないか?とも言われている。

 ファイブ・アイズは、エシュロンと呼ばれていたはずなのだが…英語圏の国で作られた通信傍受の仕組みで、それぞれの国であらゆる通信の傍受と解析を行なっていると言われる。取得したデータをその国で解析すると違法だが、通信の傍受だけでは違法にならず、そのデータを別の国で解析するというダークな方法で、それぞれが協力している。

 それに、日本が加わるというのは完全に、軍事的な同盟に参加するとも同義。かつての日英同盟どころか、それ以上の連携ができることになる。

 対抗するように、中国も近隣諸国との連携を強めているが、完全に韓国はそちらを選んだようだ。

www.jiji.com

 11日付の韓国有力紙・東亜日報は、イージス艦や潜水艦、F15戦闘機を使った竹島上陸作戦への対処方針を記した内部文書を韓国軍が作成し、昨年末に国会に報告したと報じた。

 もう韓国軍というか、韓国は日本を完全に敵国として想定し、軍備も訓練も行うということだろう。そこで、中国から後方支援があれば勝てるということなんだろう。

 中国との関係を見れば、米国も日本も既に心にないのだろう。中国からの経済的な支援と、北朝鮮との関係改善を考えれば、アメリカや日本は必要なしということか?

www.chosunonline.com

 日本のお金で15円50銭という金額を意味する「じゅうごえんごじっせん」。この言葉の背景には、日本帝国時代の韓国人の生死がかかった悲しい歴史がある。1923年に関東大地震が発生して10万人以上が死亡した。阿鼻(あび)叫喚の混乱の中で、「朝鮮人が人を殺して井戸に毒を入れた」というデマが広がった。日本軍・自警団が狂気を帯びた目で駆け回った。韓国人らしき人に「十五円五十銭と言ってみろ」と怒鳴りつけた。つたない日本語で言うと、その場で「即決処分」した。6000人以上の韓国人に対する人種虐殺が歴史に記録されている。

 この事件は、悲しい事件だが、今同じことが起これば犯罪者として、逮捕され起訴される。

 より所のない在日韓国人たちは少しずつ動揺している。同胞100万人を代表する在日本大韓民国民団(民団)中央本部団長が新年会で、「最近の状況は在日韓国人の生死がかかった問題」と言ったのは象徴的だ。民団は昨年、地方本部に石が飛んできて窓ガラスが割れた事件について有事の事態を懸念し、口外しないように言った。

 こういう記事を読むと、いつも韓国人は被害者というイメージになるけど、日本には中国出身の人も多い。そこの違いとかはなく、被害者、弱者という内容になる。デマで殺害されるというのは、いけない事だけど、なぜそうなったか?という部分も考えないといけないのではないだろうか?

 今も、同じように日本人に危害を加えられると思っているのだとしたら、それはどうなんだろう???


news.yahoo.co.jp

 黒田さんは、韓国好きな女優さんとして有名。

 黒田さんは2008年、韓国・慶尚南道の泗川市に旧日本軍の太平洋戦争犠牲者の慰霊碑建立を目指し、やっとのことで実現にたどり着いた。しかし、除幕式の前日に市から突然式典の中止を求められたのだ。その後、慰霊碑も破壊されてしまった。

 「当時の朝鮮人日本兵は日本の戦争に協力した親日派だ」と主張する反日団体の圧力があったためだった。

 「市は親日のレッテルを張られるわけにはいかなかったのでしょう。慰霊碑も市に壊されてしまいました。日本人の私としてはまさか行政に裏切られるとは思ってもみませんでした。しかし、そういうことがままあるのが韓国なんです」

 韓国好きから、朝鮮人の戦争犠牲者の慰霊碑を作って除幕式の時に、突然中止となった。行政も加わっていたのだけど、反日団体が出てくるとどうにもならないらしい。そこから、黒田さんの考えが変わった。

 「韓国は前政権を否定して自分たちを浮上させることの繰り返しなんですね。そして5年間だけちゃんとできればいい。だから将来のことを決めるにしても、例えばオリンピックを誘致する場合でも、その時の経済状況でできるかどうかよりも、それを勝ち取ってくることの方が国民に対してのアピールになる。後は野となれ山となれなんですね。それは国政だけでなく行政も同じなんです。

 韓国人の『甘えの構造』というか、成熟していないまま国家運営をやりはじめちゃったから、みんな自分の5年間のことしか考えていない。だから行き当たりばったりでアピールするだけになってしまうんです」

 5年だけ良ければいいと考えていても、5年すら持たないのだが。

 その背景には、韓国人特有のメンタリティがあると言う。

 「日本人は人に迷惑をかけちゃいけない、というのが基本ですよね。一方の韓国は、人に迷惑をかける文化なんですよ。持ちつ持たれつの文化と言ってもいい。家族に対してでも、友人たちに対してでもお金がない時は『貸してくれ』と言って、それで『ごめんなさい、返せません』というのがまかり通っちゃう。韓国人にとって、言葉は相手を自分の思う通りに動かす手段なので、自分の言葉に責任があるという意識が薄い。もしも実現できなかったら、彼らは平然と『理解してください』と言いますよ」

 本当にこの言葉が、よく表現していると感じます。困った時に、助けてくれるのが友人で、助けるのが当たり前。助けてくれない時は、助けてくれない相手が悪いとなる。助けた所で、当たり前の事なので感謝もされない。この考えで、日本との関係を見てみると納得できる。理解はしないけど!

 言葉は、相手を思う通りに動かす手段というのも納得がいく。結局、彼らの発言というのはその場限りで、その時がうまくいけばよく、先の事も相手の事も考えてない。

 さらに、感情に任せて動くわけだから始末に負えない。

 これも、国民性だから「そういう考えや、思想を持った国」として相手をしなければいけない。儒教の考えで、事大主義というのがあるけど、小さな国は、大きな国に従い、大きな国は、小さな国を守らなければいけないという考え。お互いに、思想が合えばいいけど、一方的に小さな国だけが持っている思想なら、何の意味もない。

 それは、お互いに言えることで、日本の考えを韓国に押し付ける事もできない。だから、条約や協定が存在する。それも、無視する国だから、どうにもならない。

 関わっても、メリットがない。イギリスやオーストラリアが、中国との関係を改めたように、日本も関係を改める時期に来ている。

24JAPANが酷いことになっている

 少し前にブームになった「24」をご存知だろうか。CTUカウンターテロユニット)に所属するジャック・バウアーの活躍で、事件を解決するドラマなのだが、今までのドラマとは違って一気に話題になった。深夜の放送を楽しみに夜遅くまで起きて翌日眠かった記憶が。

 通常の刑事物などは、1話で解決する。CSIでも、1話で1つの事件が終わる。24は、ドラマの1時間は実際の1時間という設定で、リアルタイムで進行というのが売りだ。リアルタイムを感じさせるだけの緊張感とスピード感があり、次から次と問題が発生し、24時間働き続けるタフマンジャック・バウアーなんて言われたりした。

 その「24」が「24JAPAN」として、原作のまま日本の俳優陣でリメイクされたわけなのだが…

 日本版だから、日本流のアレンジがあっていいし、そのままじゃ意味がない。アメリカで普通でも、日本では普通じゃないことも多いわけで、アレンジは必要なのだが…

 流石に、今回は指摘したい部分が多かった。いや、これは本当に改善して欲しい。

 まず、その回の大まかな流れは、次期首相候補が女性ということで、首相候補の暗殺計画があるということでCTUが暗殺阻止と犯人逮捕に動いていた。その中で、犯人グループの一人から情報を引き出そうとするがトラブルで刺されてしまう。その人物の携帯に電話があり、犯人グループの人物になりすまし、相手と合う約束をする。約束した場所に、応援部隊を配置するが、応援部隊のリーダーとジャック・バウアー役の唐沢さんとは因縁がある人物だった。

 その人物と会う場面でのシーン
f:id:imsdJava:20210216100224j:plain

 スコープを掃除しているのだが、細かい話は別の機会にするとして、これから狙撃をするという印象をつけたいのだろうけど、本当に狙撃する人は直前にスコープを外したくはないのだが。

そして、狙撃する場所として選択したのがここ
f:id:imsdJava:20210216100408j:plain

 うーん、いや見え見えな場所な気がするが。しかも、サプレッサーついてる…いわゆる消音器。

f:id:imsdJava:20210216100434j:plain

 さらに、唐沢さんを撃つまねをするのだが、これも酷い。

 間違いがわかるだろうか?

f:id:imsdJava:20210216100528j:plain

f:id:imsdJava:20210216100534j:plain

 ビルの非常階段と思われる場所なのだが、格子状になっているので簡単に撃つ場所を簡単に変更できない。しかも、自分の姿がほぼ全身見えている。うーん、どうしたものか…

f:id:imsdJava:20210216100747j:plain

 次に、このシーンなのだが、これは本当にまずい。この状態で撃つと自分が痛い目を見る。本当に、痛い目になってしまう。

f:id:imsdJava:20210216100858j:plain

 それで、実際に撃つ瞬間のシーンで、この後にトリガーを引き、撃つのだが、この状態では撃てないのだが…

 狙撃銃として使われているのがAR-15で、M-16として米軍に制式採用されている「アサルトライフル」だ。流石に、これで狙撃はしない。ボルトアクションライフルと呼ばれる手動で1発1発を装填するタイプが主に使われる。アサルトライフルと呼ばれるセミオート、フルオートで撃てるタイプでも狙撃銃として使われるものがあるが、製造工程で良いものが選択されて使用されたり、狙撃銃として最初から設計されているものを使う。

 ARー15は、純粋なアサルトライフルだ。

 さて、問題の回答としては、銃のトリガーを引く場面では安全装置が「SAFE」になっている。尖っている方向が、現在の状態で完全に「SAFE」になっている。しかも、銃器全般の前提として、銃口を撃つ標的に向けて撃つ瞬間以外はトリガーに指をかけてはいけない。

 スコープを覗いているシーンでは、スコープに顔が近すぎる。もう、スコープに目をついている。双眼鏡ならそれで良いのだが、銃の場合は反動がある。しかも、ライフルだと反動が大きい。スコープに目をつけた状態で撃つと、ライフル全体が後退しながら少し跳ね上がる。

 スコープで、目を強打することになる。うーん、本当にこれはまずい。

 消音器がついているのも、どうだろう?弾道に影響する可能性があるので、付けない方がリアルだ。消音器をつけるのは、自分の居場所を知られたくない場合や、複数のターゲットを排除する必要がある場合などだ。ここでは、一般の人がいるからだろうか?それだと、日本では狙撃は認められないだろう。矛盾している気がする。確実に狙撃する必要があるなら、その場所を複数のスナイパーで違う角度で配置するだろう。

 日本版のアレンジは、良いことなのだが「24」と言うからには、これらのアクションシーンはなんとかして欲しい。全く銃を撃ったことがないのがバレバレなのはリアリティに欠ける。トイガンもリアルにできているので、トイガンでも十分練習できるのだが。

韓国との海底トンネルは時代遅れ

s.japanese.joins.com

まず、韓日海底トンネル議論の歴史を振り返ってみると、日本で先に始まったのは間違いない。韓国交通研究院と釜山発展研究院(現・釜山研究院)などの資料を調べると、韓日海底トンネルは日帝強占期である1917年日本陸軍参謀本部対馬トンネル建設議論まで遡る。

続いて1935年内務省土木国道路課で自動車が行き来する道路トンネル(工事期間25年)として計画し、38年には「朝鮮海峡鉄道トンネル計画」として具体化される。当時の議論は韓半島朝鮮半島)を経て中国など大陸に進出するための政治・軍事的次元で進められた側面が大きい。

48年には鉄道省が東京~下関間の新幹線建設基準を作る際に、その付帯事項として韓日海底トンネルの建設が提案されたという。しかし、これらの計画はすべて日本の崩壊や韓日関係悪化などで水面下に沈んだ。

再び浮上したのは1980年代だ。匿名を要求した鉄道専門家は「当時統一教会(現・世界平和統一家庭連合)が積極的に韓日海底トンネルの必要性を主張して後援したと承知している」と話した。関連研究はほぼ日本の民間次元で行われた。「日韓トンネル研究会」のような組織が立ち上げられ、各種研究報告書が出始めた。

 そもそもは、大陸進出のためのトンネルであれば、あの時代なら考えることでしょう。今となっては意味がないし、韓国からすれば日本が再度進出する足掛かりになるという判断はしないのだろうか?相変わらず意味不明な国だ。

 竹島の領有を主張し、竹島から日本の進出が始まったという意味でも、竹島は譲れないということなんでしょうが、トンネルで繋がれば竹島の重要度が一気に下がる。

 トンネルなどの大きな構造物を作れば、維持費に膨大なお金が必要になる。船や航空機での輸送に比べて、鉄道での輸送はコストなどで有利だ。天候にも影響されにくい。常に安定した物流量があればいいのだけど、それが期待できないのなら、維持費だけかかる厄介者になる。

 そのトンネルが、国同士を結ぶものなら国防にも関わる話なので、簡単にはいかない。

 船や航空機であれば、航路を変更すれば他でも使える。長いトンネルや橋は慎重に計画しないと。

www.yomiuri.co.jp

吉田朋之外務報道官は3日の記者会見で、韓国政府が姜昌一カンチャンイル駐日大使に対するアグレマン(政府同意)を日本政府から得ていない段階で大使への内定を発表したとして、韓国側に「極めて遺憾」と申し入れたことを明らかにした。

外務省によると、国際慣習上は受け入れ国のアグレマンを得るまでは大使の人事について発表しないという。韓国政府は昨年11月23日に姜氏の大使内定を発表していた。

 これまた酷い。日本側の合意は必要ないということでしょう。どこまで、自分勝手な。

www.dailyshincho.jp

「バイデン(Joe Biden)新大統領から電話が来ない」と韓国人が焦る。日米首脳は電話協議を終えたのに、それから5日たっても文在寅ムン・ジェイン)大統領には音沙汰がないからだ。韓国観察者の鈴置高史氏は「電話協議の遅れ」に米韓の亀裂を見る。

 韓国では、日本よりすでに韓国の方が上という認識があるようで、その意識があるのでなぜ日本の方が先?という感覚になるとか。

 どこでどう判断すれば、その感覚になるのか?理解できませんが、韓国では日本より優れているという教育をずっとやってきた結果なんでしょう。理由とか、歴史とか関係なく、いつもの「韓国の方が上でなければならない」という理由(?)で何でもかんでも韓国の方が優れていると言っているのでしょう。

www.j-cast.com

「共に民主党」から釜山市長補選に立候補を予定している朴仁映(パク・イニョン)氏は、海底トンネルが「物流システムの変化をもたらし、北東アジアの物流中心都市を目指す釜山港の将来が不透明になる可能性がある」と主張。日本政府が建設費用の全額を負担することを前提に、「日韓関係が正常化された際のいくつかの協力の方法のひとつとして検討が可能な事案だ」などとして、優先順位はきわめて低いと考えているようだ。

さらに、ハンギョレによると、「共に民主党」の崔仁昊(チェ・インホ)首席スポークスマンは、海底トンネルは「日本側の方が利益が大きい」と批判。

 釜山と九州をつなぐ海底トンネルの話は、他でも出ていて「そんな恐ろしい計画があるのか」と思ったものですが、話が全て意味不明ですね。日本との関係を見ても、日本製品不買運動をしていて、関係も最悪と言われているのに海底トンネルで繋ぐ?更に、建設費用は日本が全額負担するって…

 呆れて何も言えません。なんかいましたね。壁を建設すると勝手に言って、費用はそっち持ちだとかいう人も。更に、日本側の方が利益が大きいって…じゃー、その日本で全くに話にも出てこないのは何でしょうね?

 日韓通貨スワップの件でも、日本から提案してきたとか、日本の方が利があるなんて言ってましたが、少なくても基軸通貨としてドル、ユーロ、人民元、日本円、英ポンドとして認識され外国為替の決済でも16.8%も使われている円と、地方通貨でしかないウォンとスワップして何のメリットがあるのか?

 普通に考えればわかる話なのだが、韓国フィルターがかかると韓国が優れているから、日本はウォンを欲しがっているとでも思うのだろうか?

 あまりにも、偏った教育をやった結果、実際に自分の力、立場を理解せずに理想と現実の差があるのもわからずに感情的に動く。いかにも韓国らしい。

 そうは言っても、日本も長く続きすぎた不景気と今回のコロナで更に経済的なダメージがあるだろう。国債も多く発行してしまったので、これを税金で回収しようと必死になるだろう。

 でも、ここまで経済的にダメージがあると回復するのは難しい。会社からの税金は期待できない。簡単に取れるサラリーマンからの税収を増やし、消費税も増税するだろう。富裕層や、法人は日本に居て欲しいので、減税する。

 しかし、増税すればするほど経済は冷え込み、税収は減る。そこで、更に増税する。その悪循環でずっと経済は悪化してきた。そんな国に富裕層や法人が居るだろうか?経済的にも、活気があって将来性がなければ税率が低くても意味がない。

 海外から会社が来るには、他にもメリットがないと来ないだろう。優秀な人材が多いとか、手続きが簡単だとか、ネット環境が早いなど。

 でも、増税しかしないだろうね。