とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

観測史上初っていうのが多い気がする

今日も暑い

ずっと暑い

観測史上初という言葉を最近よく耳にする

先日の豪雨でもそうだった

この暑さも記録的な暑さと長さだ

まだ7月なのに

先が思いやられる

これだけの猛暑だと気温が低くなってきたときが怖い

気温が上がると色々な物が膨張している

気温が下がると収縮する

ここが怖い

急に寒くなる日は気をつけたい

同じような境遇の人は多いね・・・

人気のブログでこんな内容が・・・

www.keikubi.com

ハルオサンの家庭環境も凄いのですが、周りも同じような状況だったという部分にも更にびっくり。

コメント欄にも、同じような境遇だった人のコメントが・・・

びっくりです

というか、うちも虐待までいきませんが、かなり酷い環境でした。
今でも、訳のわからないことで電話をしてきますが、全て着信拒否しています。

父からは、葉書が届いて「東京に行くと言っている」なんて内容も・・・
うちに来れば解決するのだろうか?というか、そもそも話し合いが成立しない人間が来ても問題が多くなるだけ。

困ったもんです

というか、そもそも解決しようなんて考えはありません。感情のまま動くだけの人ですから、電話が通じない⇒家まで押しかけるしかない!!!

そんな発想です

なぜ?着信拒否をされるのか?とかは考えません。

ハルオサンの家庭でも、母親は虐待なんてしていないと言っていますが、その発言を子供が否定すると

「そうやって私をバカにして!」

という発言が出てくるようなのですが、本当に驚きました。

同じ言葉が母親からも出てきます。
本当にバカにしたような発言をすれば納得できるのですが、ささいな指摘で自分の考えと違うことを言われると「親をバカにしている」という考えなんです。

子供の頃から変な家庭というのは十分すぎるくらい理解していましたので、高校卒業と同時に家を出ました。まあ、これはラッキーなところです。

ずっと実家にいる兄は、すっかり洗脳が完了して、母親と同じような思考になっていました。
家庭環境って本当に怖いです。

色々と勉強していますが、かなりの確率で同じように家庭環境に問題がある家庭は多いようです。

そういえば・・・数日の前のこと・・・外食をしていると、隣に母親と子供がご飯を食べていたのですが、母親は細かいことまで指示していました。

「明日は、何々があるからあれをしてとか・・・」

指示のたびに「わかった?」と強めに確認していました。

子供は、「はい」というしかありません。ただ、子供の声色からは明らかに「そんなのわかっているのにな・・・」という気持ちが込められていて、離れていてもわかりました。

はたから見ると子供の心配をする良い母親と写るのかも知れません。でも、これって立派な洗脳ですね。

親が指示をして、子供は従うだけ・・・小学生くらいの子供になにができるでしょうか?
反抗したら、飯抜きか?家が追い出されるか?ずっと小言を言われるか?

黙って従うしかないのです。ここで何事にも思考するという能力が削ぎ落とされ、親のいう事を聞くロボットの誕生です。これが、一般的には親のいう事を聞く良い子供なんでしょうね。

この子供も早く家から出ることをお奨めします。

落ちたブランド

連日ニュースになっていますが、今回も色々とニュースになっています。

アメフトの試合での反則行為で反則をした選手が会見を開いたあとに、監督、コーチが所属する大学の日本大学で緊急会見が行われました。
その状況が酷すぎました。

会見では、監督、コーチは潰しに行けと言ったけど、怪我をさせろとは言っていないと。
刑事事件になった際に、責任逃れのための発言なんでしょう。とにかく、発言が変わるし「言っていない」が「覚えていない」に変わった。

「覚えていないということは、否定するということですか?」と質問されても「覚えていない」と言っていた。

これは、もう・・・言ったけど、肯定できませんって言っているようなもので・・・

さらに、酷かったのは、宮川選手が辞めるのは残念で、また戻ってきてほしいと。
どこまで酷いのでしょう・・・

ここからが更に酷い。

広報の方が、1時間半経過した段階で、会見の中止を言い出した。同じ質問が続くので・・・という事だったが、記者は猛反発。

20時からの会見で19時に発表があり、急いで集合して会見を行ったのに、途中で会見中止とは・・・
記者からは、「みんな見てますよ、あなたの発言で日大のブランドが落ちてしまうかもしれませんよ」

と言われて・・・

「いいえ、落ちません!!!」

いや・・・これで最高に落ちたのだが・・・

元々、共同通信の記者をやっていた人らしいのだけど・・・

会見するまでも、常に高圧的で「会見を開いてやっている」という感じだったとか。

さらに驚いたのが、週刊文春が理事長に取材をしたところ

「俺、知らないもん全然」

フットボールなんて」

「ルールも知らないし」

記者「理事長としての見解は」

「ないよ 何も」

そんな感じで終始知らないという感じで、相撲部だから相撲しかわからないと。

ここでも、出てきた相撲・・・

もう、どうなっているのか?問題になっている学校の理事長がこの発言って。

腐った土に、いい花が咲くのか?学校のトップ、部の監督、広報と揃って、こんな感じ。
とにかく、威圧的で高圧的。これで、今まで来たのかも知れないけど、自分の考えを見直すこともない。

考えてみれば、学校の先生とかの態度って「教えてやっている」という態度だ。
自分が正しい、とにかく言う事を聞けばいいという感じだ。

大学自体の体質の問題もあるかも知れないけど、日本の教育に対しての考えも破綻しているのかも知れない。
その土壌にどっぷり漬かってしまって、その考えが染み付いた人達が次の世代の教育者になるわけだから、変わるわけがない。

ちなみに、内田監督を占ってみると・・・
どうも、今年はよろしくない・・・場合によっては、刑事事件となり有罪もありえるかも知れない。

教育ってなんだろうと思った話

テレビでも連日報道されているアメフトでの反則行為。

危険なプレーをして相手を怪我させた選手が顔出し+名前だしで記者会見を行った。
なんか凄い状況だった。20歳くらいであれだけの人数の前で謝罪するというのは出来ることではない。

内容を聞いても「優しいしっかり者」というイメージを受けた。
それだけに、なぜ?やってしまったのか?残念な思いしかない。

明確に、具体的な発言も含めてコーチ、監督の指示があったと発言していた。
その中でも色々と問題と思われる発言もあったけど、監督、コーチから日本代表には行くなと言われて反論もできないので理由も聞かずに従ったというところがあった。

結構、怖い話だ。

親や先生からも、理由も言わずに反対されたり行動を指示されることは多い。
理由を聞いても言わないし、反対する理由を聞いても「言う事を聞いてればいいの!!!」という感じで終わる。

少し前の大河ドラマのなかで「ならぬことはならぬものです」という掟があった。
世間的には美談という感じだったけど、非常に疑問に思った。

この言葉も、理由とか状況とか関係なしで掟が全てで、問答無用だから。

同じように、監督、コーチだったり親のいう事が絶対というのは本当に怖い。
今回の件では、監督は大学の実質ナンバー2と言われているし、コーチも大学に所属している。
教育を行う立場の人達がこんな状況だから、その大学の内容についても疑問を持ってしまう。

お金を払って教育を受ける場所がこういう人達が沢山いる場所って・・・

大学のレベルも問題視されているし、少子高齢化によって学生も減り、大学間の学生獲得競争も厳しくなっている。
そんな状況の中で、今回の事件というのは大学にとっては致命的。

それでも、大学を庇う発言ばかりで若い一選手が大勢の大人の前で顔出し、名前出しで謝罪する・・・この状況を見て、教育者としてなんとも思わないのだろうか?

知り合いなどで教職に就いている人もいるけど、やはりちょっと変。
一般の会社から学校の先生になった人も、学校の先生については変だと言っていたのを思い出す。

一般的には「変」な人達に教育を受けたら、どうなるんだろう???

自分達が受けた学校教育については疑問だらけだったけど、やっぱり学校って変だよ。
そもそも、同じところに集まって授業を受ける理由があるのだろうか?

ネット環境が整備された今は必要だと思わない・・・

協調性?学校に行ったからって育つとは思わないけど・・・

アメフトでの危険行為で考えてみると・・・

大学アメフトの試合での危険行為で、まだまだ話題になっていますが、怪我をさせたほうの大学の監督が謝罪会見をしましたが、解決には至っていません。

監督は、「危険な行為を指示した覚えはない」

選手は「監督から指示された」

という形で意見が食い違っています。

どちらかが嘘を言っているんだ・・・と思っていましたが、お互いに認識の違いがあったのかも知れません。

ここからは個人的な想像です。

監督からは「あの選手を怪我させてこい」

という指示があったとします。監督の意図としては、プレー中に多少ラフな行為であってもグレーゾーンでの行為でプレーに支障がでる程度の怪我をさせてこいという意図だったと。

色々な競技でグレーゾーンな部分というのは存在します。故意にやったのか意図的にやったのか?証明できないようなグレーな部分はあります。

指示を受けた選手は、「どんな方法でもいいので目的の選手を怪我させる」という指示と認識したとします。

監督からの指示が具体的でなければ選手がどう実行するかは選手次第。
具体的に反則行為を指示することまでは普通はしないでしょう。

そこで、選手が行った行為が今回の危険行為だった・・・

というのが真相かもしれません。これも、個人的な想像ですので、本当のところは当人同士しかわかりません。

でも、反則行為という部分でお互いに認識がずれていたら、今回のような事も考えられます。

結果、監督は「そんな反則行為までは指示していない。(ラフプレーは指示したけど・・・)」

選手は「監督から怪我させろと言われた(どんな手段でもいいと認識した)」

どちらにしろ、大きな問題になるような反則行為があったのは事実ですから、行った選手と責任者である監督の責任であるのは間違いありませんが・・・

アメフトでの危険行為

ニュースになっていますが、アメフトでの試合でかなり危険なプレー(?)が行われ、しっかり撮影されていました。

映像をみてもかなり危険な行為。
ボールを投げた選手が、投げ終わったあとに違う方向に向いて歩きだした後に、背後からタックルされ転倒しています。

投げる時にタックルして、結果的に投げたあとにタックルしたという感じではありません。

本当に危険な行為で、怪我がつきものの格闘技でもかなり問題になるレベルです。

ボクシングなどでも、後頭部や背中への攻撃は認められていません。危険だからです。
さらに、ゴングが鳴ったあとの攻撃も禁止されています。

攻撃を予測している時の攻撃というのは、反応できていなくても人間は無意識に反応はできています。
しかし、ゴングが鳴ったあとに気を抜いた瞬間だったり、予想もしていない状況での攻撃には反応できないだけに、予想以上のダメージになります。

今回の危険行為は「背後からの攻撃」しかも、タックル・・・
さらに、相手が気がついていない状況「ゴングのあとの攻撃」とも言えます。

接触プレーが基本と言っても、格闘技ですら認めていない危険行為は容認されないでしょう。

アメフトの試合中の出来事を言っても、刑事事件になる行為だと思います。
「いじめ」とかでもそうですが、学校内での出来事と言っても、立派な犯罪として成立するレベルでしょう。

しっかりと刑事告訴して、責任を明らかにしないと今後も同じようなことが起きるでしょう。

相手を怪我させていいんだったら、まともに試合するより格闘技の練習でもして、ボール持った相手を複数人で怪我させればプレーできる人はいなくなる。

そもそも、無抵抗な人や無抵抗な状態の人に攻撃する時点でスポーツマンでもなんでもないけど。

朝鮮半島がもし統一できたとして予想してみる

北朝鮮と韓国が統一するこは大変困難だけど、なんとか統一が図れたとしてどうなるだろう?

まず、資金が多い韓国側が主導権を持つことは容易に想像できる。
韓国資本で北朝鮮に工場や都市の再開発(再?)が進む。同時に、文化的なことも、韓国主導で新しい物、考えがドンドン入ってくる。

ここで問題になるのは、まずは意識の違いじゃないだろうか。
日本でも、都市部に住む人と地方の田舎に住む人では感覚がかなり違う。
会話してみれば解決するというレベルではない。

関西と関東でも、色々と違う。更に県ごとに違う。

北朝鮮と韓国は、全く交流がない時間が長いし、格差も大きい。

意識レベルで違うものは簡単にはうまく進まないというのは色々な所で経験している。
これは、仕方がない。

韓国主導で改革が進むと・・・
 ・経済格差が更に広がる
 ・犯罪が多くなる(軍隊が治めなくなるとどこでもそう)
 ・北朝鮮側の人は、労働力として使われる
 ・急激な変化についていけない人が増える

そして、北朝鮮の人は「昔は良かった・・・」ということになるだろう。
韓国と言えば、今でも問題になっているように財閥グループが強大な力を持ち、財閥なので一族で巨大な組織を私物化している。

従業員に対してのパワハラが凄い。

純粋な北朝鮮の人には耐えられないだろう。

韓国資本と言っても、韓国資本の裏にはアメリカなどの欧米の資本が入るだろうし、結局欧米が韓国を使って北朝鮮を資本的に牛耳ることになるだろう。

中国が最近は、力を持っているので資金的にも北朝鮮を助けるだろうけども、欧米が一体になれば中国だけでは厳しい。

どちらにしても、「統一」という道筋は未来が見えてこない。
そうは言っても、北朝鮮で食べ物にも困る人がいるという話があって助けなくていいのか?
なんて話になりますが、これこそ内政干渉で、国内問題はその国で解決するしかない。

日本にだって、生活に困っている人は沢山いる。そんな理由で、他国から色々と干渉されたり、武力で改善するように脅されても困る。

残念ながら、世界全部は救えない・・・