とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

韓国コスメが人気?

ディリー新潮の記事で、韓国コスメが人気という内容だったのだ。

www.dailyshincho.jp

かつてポーラ・オルビスやTBCで化粧品の開発に携わったマーケティングアナリストの渡辺広明氏は「容器」に韓国コスメの秘密があると説く。
「化粧品の製造原価は、主に成分代と広告をふくむデザイン代と、容器代です。成分が良いと売れるのは当たり前ですが、世界的なブランドが有名人を起用していることからも広告のSNSでの拡散施策も重要になり、売価の設定に大きく影響します。ではそのふたつにお金をかけるにはどうすればいいか。容器の原価を抑えるしかありません」
 韓国コスメに比べると日本製の化粧品は容器代が高く、製造原価のうち25~50%を占めると渡辺氏はいう。
「これに対し韓国は、国策としてコスメに力をいれていることもあり、安く容器を製造できます。かつて工業団地で韓国のテソン産業が北朝鮮と共同事業的な試みを行っていたこともあり、容器に使う金型などを安価に作れる素地があります。美容成分とされるものの効果の有無はここでは論じませんが、容器のコストが安ければ、たくさん入れられることは確か。広告に割ける金額も増えるわけです。反対に、なぜ日本の容器代は韓国に比べて高いのか。これは良いところでもあるのですが、中身が漏れない、成分が劣化しないよう、厳格だからです」
 代表的な例が、国内容器メーカーの雄・吉野工業所で、その高いレベルは“吉野基準”として業界で知られているという。
「さらにマクロの視点でいえば、韓国という国の志向もあるかもしれません。韓国コスメの質が悪いというわけではなく、容器をとっても、万全を期す日本人の志向と、“とりあえずこれでやってみて、ダメならまた考える”韓国人の志向の差が現れているといえる。また韓国が得意とするエンタメの分野にもいえるのですが、日本は人口が約1.3億人ととりあえずマーケットとして成立しやすい規模であるのに対し、韓国は約5,000万人と半分以下。自国ではビジネスが成り立たないわけですから、大陸と地続きな事もあって最初から海外マーケットを向いており、意識の差は明白です」

 韓国のコスメは、容器が安く作れると書かれている。これは、国策で安くなっていると。そして、容器が安い分、中身や広告にお金をかけれるという理論だった。容器を安く作れる会社が、中身までお金をかけるだろうか?それも、韓国製で。しかも、容器が安いのは国策とまで言っている。

 韓流ドラマや音楽も国策としてやっているので、国のお金が流れているというのは有名な話だ。自分の努力で安くなったわけでもない商品に力を入れて成分まで気にするだろうか?化粧品というのは、直接体に塗るものだ。食品と同じく、体への影響が心配になる。容器だって、品質が悪ければ成分が漏れ出し、美容液などの部分に染み出さないだろうか?そこまで、検証しているだろうか?

 国とメディアを上げて、「韓国推し」な日本では、韓国批判はNGだけど、韓国では国を上げての反日だ。そんな韓国は、今は経済状況は非常に悪く通貨危機に陥った時と同じくらいの状況になっている。ところが、日本のメディアでは全く、そういう報道はされない。どこまで、韓国贔屓なのだろうか?どこの国のメディアなのだろうか?

 なんでもパクリ、指摘されると「韓国起源説」を言い出して、正当化する。そんな国を憧れの対象として見るのだろうか?不思議だ。

 短い時間でも、日本の武道に触れた人間なら、韓国が突然言い出した剣道、日本刀の起源説を聞いたら、激怒することだろう。私も、その1人だし永遠に韓国という国に対して、良い印象は持たないだろう。

 日本には、古い時代の古刀も現存しているし、時代を経て変化していった刀も残っている。日本刀を作る技術も継承されている。刀だけではない。彫師、研師、柄巻師、鞘師などパーツごとの職人も現存している。

 さらに、日本刀を使った古流武術も多数現存している。反りのある刀があるからと言っても、それに付随する技術や使う技術体系がなければ、ウソは簡単に見破られる。そこもすべてパクれば、起源説も言えるだろうが、どれも簡単にパクれるようなものはない。

 刀が多く作られるようになった時代というのは、武士が台頭して戦が絶えない時代でもある。そこには、先人達が戦いの中で、生き残るための知識、経験がつぎこまれている。簡単にパクって、起源を言えるような話ではない。

 安く売るために、容器ですら安く作る企業と、長く使って欲しくて容器にも妥協しない企業。どちらを選ぶかは、自分次第。しかし、どこかで手を抜いた商品がすべてにおいて高い品質の商品なんだろうか?

Jアラートは、使えるのか?

 北朝鮮が、続けて弾道ミサイルと発射している。そのため、日本でも「Jアラート」が発動された。実際には、日本の上空を通過しなかったが、Jアラートの有効性が疑問視されている。

 はっきり言って、「使えない」。

 そんな事は、小学生で習う算数で簡単にわかる。弾道ミサイルは、マッハを超えるスピードで飛翔するので、10分程度で目標までに到達する。Jアラートは、レーダーで探知してから防衛省に情報が伝わり、政府に連絡、そこから対象の自治体へ情報が送られる。その時間は、やはり10分程度はかかる。レーダーで探知できる高度まで上がった時点で、時間的に間に合わないのだ。

 ここで、忘れているのが、通報を受けて逃げる時間がないのだ。緊急地震速報の場合だと、短い時間でもあれば机の下に逃げたりして、最悪の場合は回避できる可能性がある。しかし、弾道ミサイルの場合は、当然のように机の下に逃げても意味がない。

 近くの避難場所に逃げても意味がない。そもそも、発射を探知して時間的にロスがなかったとしても、10分では安全な場所に逃げることができない。

 単純に考えて、Jアラートは全然意味がない。

 では、イージス艦PAC3でも迎撃すれば良いのではないか?と思うだけど、イージス艦で、探知しても落下地点が正確に予測できないと根拠もなくミサイルと言っても他国の物を攻撃できないだろう。それに、PAC3と呼ばれる地上配置型の迎撃ミサイルは半径20km程度しか防衛できない。人がいる場所に、全部配置すれば大量のPAC3と、操作人員が必要になる。現実的ではない。

www.mod.go.jp

そこで、偵察衛星を50基ほどを打ち上げて、迎撃能力を高めようとしている。

www3.nhk.or.jp

実際に、地上で迎撃する力を持っていなければ、衛星をいくら打ち上げでも意味がないだろう。北朝鮮のミサイルを脅威として演出し、防衛力を増大しようとする意図が見えてくる。さらに、アメリカの意向で、アメリカ製兵器の購入予算を正当化するためだろう。そして、増税へ向いていく。

 北朝鮮が日本にミサイルで攻撃したところで、なんのメリットもない。ミサイル攻撃するのは、実際に戦闘に入る前に敵基地を攻撃したり、敵の兵器製造工場を攻撃したりする。民間人の多く住む、住宅地を攻撃しても何のメリットもない。

 つまり、日本に攻撃する部隊を乗り込ませて、占領するところまでいかないと意味がない。ミサイル撃って、終わりなんてことない。軍事的挑発、政治的挑発としても使うけども、日本から北朝鮮に攻め込むことはありえない。というか、北朝鮮を攻撃する理由なんて全くない。そんな状況で、挑発しても意味がない。むしろ、アメリカに攻撃する絶好の口実を与えるだけだ。

 それを考えると、いかにミサイル防衛というのが意味がないのが見えてくる。

 敵基地先制攻撃なんて話になっているけど、わざわざ遠くまで行って日本に飛んでくるかわからないミサイルを攻撃するために、危険な敵地に乗り込むのか?ミサイルを撃つ準備をしていたという理由だけで、他国に攻め込むことができてしまう。そして、その先に待っているのは、その国との本格的な戦闘行為だ。そこまで、考えているのだろうか?

 国民から税金を搾り取り、労働力を搾取することにかける情熱というのは、今の政治家は凄いものがある。いつになったら、自国の一般市民のために働くのだろうか?まあ、いつの時代も、どこの国でも同じか。

カルト宗教が騒がれていますが

 コロナ、コロナと言っていた報道が一気に、カルト宗教の話題になっています。ただ、この話は、政治などに知識がある人なら、昔から言われていたことでした。なので、やっと表に出て来たかという程度です。

 有名な話では、安倍元首相がトランプ元大統領と当然会談できたのも、あの教団が仲介したというのものです。当時は、大統領候補として出馬していたヒラリー・クリントン氏を応援していたため、トランプ氏が大統領になった時に、コネクションがない状態だったのを、あの教団が仲介したとか。ちなみに、ヒラリー氏もあの教団に入っているというのも言われています。

 そのくらいの情報は、日本のメディア関係者も知っているはずなので、報道されないのは暗黙の了解なのか、金をもらっていたのでしょう。この関係は、話は長くなるので、今回は別の話題を書いていきます。

 宗教の話ですが、なぜ、そんなにカルト宗教を信じるのか?不思議です。自分が調べた範囲で書くと、キリスト教ユダヤ教イスラム教は、同じ神様を信仰する宗教です。一神教であり、神は唯一で絶対的な存在です。仏教も、釈迦の教えを広めているもので、悟りを得ることが目的です。神道も、信じる対象は神様です。

 キリストは、あくまでも神の代弁者であって、神ではない(はず)。モハメッドも、同じく代弁者であり、神ではない(はず)。仏教でも、お寺の住職や宗派のトップが神ではない。釈迦の教えを実践したり、広めたりする人で、神や仏ではない。

 その基本を頭に入れて、考えると、教祖や宗派のトップを救世主とか神のように崇める時点で、その宗教は怪しいと考えた方がいい。というか、キリスト教系や仏教系でその発想自体がおかしい。

 なんちゃら統一教会は、あの国の夫婦を崇めている時点で変だし、そもそも変だ。いい加減にして欲しい。あの国のアイドルが兵役に就くというのを日本のメディアではどこでも報道されていたが、いつから日本のメディアはあの国の報道機関になったのか?(既になっているか)

 相変わらず新大久保で、あの国大好きな人達にインタビューして、日本にはあの国大好きな人が多いという印象操作をしていた。そんなにあの国の料理が好きな人が多いなら、もっと普通にあの国の料理屋があってもいいだろう。しかし、実際には中華料理のお店が圧倒的に多い。そりゃそうだ、辛いだけの料理は日本人は好まない。

 宗教という形で、日本人や政治家を汚染させ、メディアもあの国の金で汚染されている。そろそろ、日本人も怒る時だろう。

 話は完全に変わってしまったが、あの国のシャインマスカットがまずいという報道があった。日本で、何十年もかかって開発されたシャインマスカット。この苗木が、隣国に無断で持ち出され、高額な値段で売られていることが近年でも話題になった。同じように、苺も他国で勝手に栽培され売られていた。

 1房5,000円という高額な値段で売られていることから、あの国では栽培する人が増え、供給量が増えたことで、1房500円にまで下がってしまったらしい。ところが、皮が分厚いなどで美味しくないと不評になっているとか。栽培する人が増えれば、技術や知識が乏しい人もいる。それに、競争が過度になれば、効率が優先される。結果は、目に見えている。

 苗だけあれば、なんとかなるなんてことはない。栽培する技術や知識。それに見合った気候や風土。全てが合わされないと良いものはできない。目先の利益だけで動けば、どうなるか?あの国が実践している。最近、短期的な見方が広がっているのも、あの国の影響なのかと考えてしまう。

 あの国といえば、最近は、日本を超えたと騒いでいるらしい。平均賃金などが日本を超えたとか色々な数値で日本を超えたからのようだけど、残念ながら根本の部分で、あの国は変わらないだろう。

またもや一方的な報道ばかりだ

 ニュースでは、連日のようにウクライナとロシアの話題だ。ここで、いつものように不思議なのが、ウクライナ=正義 ロシア=悪という図式で報道されている。まあ、攻撃を仕掛けたのはロシアなのは間違いないのだが。

 ウクライナNATO加盟についても、NATO=「自由主義同盟の正義の組織」みたいなイメージになっている。いや、NATOは軍事同盟なのだが。

 ウクライナ政府の言動もおかしい。ウクライナ大統領が、アメリカで演説した際は「真珠湾攻撃」の話をした。さらに、ウクライナ政府の公式SNSではファシストとの戦いと言ってヒットラームッソリーニ昭和天皇の写真を載せた。日本が抗議をすると、公式なSNSではないとしながら、謝罪して内容を変更した。

 どうも、言っていることと違う。こういう場合に、信用できる相手かどうか判断しないといけない。

 これらの事だけを頭に入れて考えても、ウクライナ=正義なんて図式は成立しない。報道されている内容でも、変な話ばかりだ。「アゾフ連隊」という部隊が製鉄所に立て篭って戦っているらしいのだが、このアゾフ連隊なるものは政府の部隊ではないらしい。元々、民兵だったのが準政府部隊になったとか。なんだそれ。

 では、その部隊は政府の誰の命令で動くのか?民兵上がりの準政府組織なんて、どこの息がかかっているかなんてわからない。

 製鉄所に民間人も立て篭っているのも不思議だ。兵士がいるのなら、そこで戦闘が行われるのは誰でもわかる。まずは、民間人を逃すのが普通の軍隊だろう。一緒に立て篭っている段階で、理由は明白だ。なぜ、日本のメディアは言わないのだろうか?まあ、言わないだろう。

 日本は戦争はしないのなら、この件には関わらないのが一番なのだが。関わらせるために、メディアを操作している。

 ロシア側に立って考えてみよう。NATOという軍事組織は、旧ソ連ワルシャワ条約機構に対抗する軍事同盟だ。旧ソ連が強かった時は、アメリカの援軍がなければ、あっという間にヨーロッパはソ連の手に落ちると言われていた。だから、NATOというヨーロッパの軍事同盟にアメリカが入っている。そのNATOソ連崩壊後に拡大している。

 目の前にまでNATOの組織が迫ってきては、ロシアだって気が気でない。NATOは、軍事同盟なのだ。日本の周りの状況に例えていうなら、中国とロシア、北朝鮮が軍事同盟を結んだとする。そこに、韓国が加盟するという話が出てきたようなものだ。実際、韓国は、入りそうだが。日本には、他国よりも有利な「海という天然の広大な堀」が存在するが、陸続きのヨーロッパには存在しない。

 脅威に感じるのは自然というものだろう。戦いを仕掛けたというより、そうなるように仕向けられたとも言える。憶測でしかない報道よりも、実際の状況で判断しないといけない状況になっている。

 SNSの情報も、ウクライナ寄りの内容は、報道するがロシア寄りの報道は全てフェイクニュースと言っている。いや、SNSの情報は全てフェイクニュースと思った方がいい時代なのに。誰が発信した情報なのか?発信者は特定できて信頼できるのか?別の情報源も同じ内容なのか。

 SNS情報も、簡単に発信できるだけに、信用できる情報に会えるのは難しいだろう。

 ウクライナ情勢に合わせて、日本では敵基地攻撃能力を持つとかの話になっている。今までは、ミサイル基地への攻撃という話だったのだが、指揮命令系統まで含めようという話になっている。そうなると、政府中枢まで攻撃もできるという話になる。これも酷い。

 日本がそういう法律を通せば、日本は反撃する時には指揮命令系統まで攻撃する可能性があると考える。そうであれば、攻撃する側は最初の攻撃段階で広範囲な攻撃になることは予想できるし、核を最初から使うことも考えられる。

 力の応酬では、何も問題は解決しない。敵基地反撃能力とかいうなら、最初から自衛のためには戦争を行うと言えばいい。中途半端にするから誰も戸惑う。自衛のための戦争は、規制されていないわけだから。

 ただ、ウクライナでも証明されたように、攻撃する側は、守る側の最低2倍の兵力が必要だ。さらに、兵站網も考えないといけない。食糧、武器などの輸送が大変なのは、改めて証明された。攻め込むというのは、リスクが高い。

 本国を守る兵力を残しながら、敵国の倍の兵力が必要な事を考えると、日本周辺に日本に攻め込めるような国はない。中国、ロシアが日本の数倍の軍事力があっても、中国、ロシアは複数の国と国境を接している。かなりの兵力を本国に残しておかなければいけない。

 報道では、単純に兵数とか戦闘機などの数で比較しているが、全く意味がないのは理解できるだろう。

小銭がピンチ

 全然知らなかったのですが、銀行に小銭を入金すると枚数によって手数料がかかる。ゆうちょ銀行だけが、今まで無料だったのだが、有料になる。

 これで、困るののは小銭が多く集まるところ。そう、神社やお寺だ。お賽銭も小銭だし、お札などを買う時も、小銭を用意していた。しかし、今後は紙幣のほうが喜ばれるかもしれない。

 しかし、銀行の手数料は高くなるばかりで、色々な事が不便になる。銀行にお金を預けても、利子はないし手数料だけ取られる。

 それも、銀行がお金を貸して利子で稼ぐという本来の業務で利益が出ていないからだ。それもそうだ。0金利政策で、お金を貸しても儲けが少ない。そうなれば、個人からお金を取るしかない。

 カードローンや、個人向けの少額の貸付などのCMが多いのも、そういう理由だろう。

 本業で儲けがないなら、小さなところで、稼ぐか、利益がない部分を削るしかない。結局、本業がうまくいかない限りは続くだろう。

 問題の根幹は、日本経済の停滞だ。

 この問題も、解決策は見えているのだが…

 小銭に手数料がかかるようになるのも、もう一つの目的のためだろう。そう、硬貨は作る費用の割に額面が少ない。簡単に言えば、儲からない。紙幣だって、本当は面倒だと思っている。仮想通貨やデジタル通貨にすれば、そんな物も必要なくなる。

 必要な時に、数字を書き換えるだけで、何もないところからお金を創造できるのだ。

 確実に、その方向に向かっているし、そう向かうようにしている。これが、浸透すれば、タンス貯金も出来なくなり、お金は全て政府が管理できるようになる。

 マネーロンダリング防止という理由で制限されている目的も、裏の目的があるからだ。

 表があれば裏もある。

予想した感染者増加のパターン

 新型コロナの感染者がまた増加しています。しかし、このパターンはすでに指摘されていたように、3ヶ月周期です。3ヶ月間で、感染が広がって、3ヶ月間は、感染が収束していく。

 この感染者の増加も、1、2、3月が山でしょう。

 ブースター接種がどうのこうの言っていますが、2回接種が完了した人が80%に近い数字です。普通に考えれば、ワクチンに感染予防効果がないのは誰が見てもわかります。

 ブレークスルー感染なんて言ってますが、変異したウィルスに効果がないのは、インフルエンザでも経験しています。変異した新型コロナには効果もないのです。

 3回目接種しても、変異したウィルスが登場すれば終わりです。感染予防をウィルスに期待するのが間違っています。

 オミクロン株も、口や鼻に留まり、肺までいかないので、比較的軽症で済むと言われています。もう、普通のインフルエンザ並としか言えません。

 飲むタイプの薬も出ていますので、症状が出れば飲み薬で対応できるのです。この飲むタイプの薬の数に驚きました。200万人分を用意したそうです。2万人分は、すでに配布済という事です。

 2万人分あれば、感染者の中で投与する分は足りるという事です。感染者数から見れば、そんなものかもしれません。

 飲むタイプの薬って利益が少ないのは、数で見てもわかります。それに比べて、ワクチンは桁が違います。国民全員分なので、1億2000万回分です。ワクチン利権が、どれだけ凄いかわかります。

 しかも、ワクチンの場合は薬を用意すれば終わりではなく、注射器と接種する人(人件費)も必要になります。これだけ莫大な利権が絡めば、コロナ騒動をマスコミが大騒ぎするのも頷けます。

 製薬会社からは、関係する学者や医者に多くのお金が流れているでしょう。研究費だとかの名目で。さらに、マスコミや政治家にも流れているでしょう。政治家には、政治団体ペーパーカンパニー経由で寄付すれば、どこからの寄付かわかりません。

 マスコミも、違う会社を経由してCMなどを依頼すれば、大元のお金はどこからなのかはわかりません。

 単純に考えて、ワクチンが有効なら感染者は増えないはずです。でも、実際は海外でも増加しています。残念ながら、ワクチンではウィルスには勝てない。自分が持っている免疫力を上げるしかない。免疫力を上げるような生活を、これを機体に考えるべきでしょう。

 最強のワクチンは、自分が持っている免疫システムだ。

 ワクチンが出来た時は、1年効果があると言っていたなー。その後は、6ヶ月になり、今は3ヶ月とか。人によっては、免疫ができないとも言われている。これって、詐欺に近いのでは???

モノタロウは、予想以上に良かった!

 壁紙を補修する必要があって、まずは絶対に必要な壁紙を探すのだけど、これがなかなかない。ホームセンターに行って、補修用の壁紙はあるのだけど、家の壁紙の模様とは違う。壁紙だけでも、沢山あるので、家の壁紙と合うのを探すとなると、やはりネットになる。

 それでも問題なのが、HPの画像だけでは本当に合うのか?わからない。現物で確認したいところだけど、家の壁紙をスマホで撮影して、店頭で比較しても光源が違うので、厳密には比較できない。HPの画像も、ディスプレイの設定やメーカーで厳密には変わってくる。

 結局、一番似ている物を探してくるしかない。ネットで色々と探して、これだと思えるものを見つけて、ネットで購入できる方法を探すと一時期TVCMで有名になった「モノタロウ」が出てきた。あの歌が脳裏に浮かんでくる「モノタロウ、モノタロウ、現場で使う消耗品をネットで注文、モノタロウ」そんな歌詞だったと思う。

 現場でないので、そこまで急ぎじゃないけど、会員登録をして注文してみる。商品によって、当日出荷の物も多い。当日出荷って、普通に凄いけど。

 壁紙は、当日出荷ではなかったものの数日で届いた。別に注文したものは、当日出荷で、翌日には家に届いた。何気に、凄い。

 ネットで買い物といえば、Amazon楽天だが、かなり遠ざかっている。家電や、細かいものは、ヨドバシで済むし、なんと言っても配達状況までわかる。モノタロウは、ホームセンターで売っている物は買えそうだ。

 Amazonで品質の悪い商品を買うくらいなら、モノタロウが全然良い。家電もヨドバシなら、ポイントも貯めれる。しばらくは、この2つを愛用していきたい。できれば、変わらない事を願うばかりだ。

 いいなと思ったネットショップとかって、人気が出ると値段が高くなったり、配達が遅くなったりする。サービス品質を維持するのって難しい。Amazonだって、少し前は悪くなかった。欲が出ると、ボロが出るものだ。

 さあ、壁紙の補修だ。