とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

「バラマキ」批判はどうだろう?

 衆議院議員選挙を前に、各党が給付金やら減税やら公約にしています。それに対して、財務省事務次官が批判する記事を書いています。

 まあ、これも茶番でしょう。そもそも、事務次官が勝手に記事なんて書けるわけがない。それを考えれば、この記事の意味も見えてきます。

 選挙前の減税とか、そういう話は毎度の話で、選挙が終われば事情が変わったとかで無視されるか、実施されるけど別の形で増税して、きっちりプラマイゼロにしてくるのがオチでしょう。

 その時に必ず出てくるのが、「日本の借金」の話になる。これも、色々な見方があります。「プライマリーバランス」という横文字を出してきて、意味不明にする。借金が多いので税収も増やして、できるだけ借金をなくしましょう。

 これは、一般の家計と国家の家計を同レベルに見ている話で、中央銀行というのが抜けていますし、銀行の仕組みもね…

 話は、変わりますが「ある高校」で模擬選挙の行っているのが報道されていましたが、その中で高校生の発言が驚いた「消費税は、必要だから」と言っていた。

 もう、ここまで定着している。本当に必要なのか???

 所得税が、(故意に)長引く不況のために税収が見込めない。そこで、新たな税収として消費税が作られた。そして、税率は上がる一方。社会保障に全部使われると言っても、20%も使われていないし、社会保障に使われる分も、どこに流れているか。

 税収がないと言っても、会社の内部留保は増え続けている。この矛盾をどう考えるか。考えるまでもなく、何も先入観もない思考で考えればわかる話だ。

 円安がいいと思わされているのも、日本は輸出で儲けていると思っているから。しかし、GDPの6割は国内での経済活動だ。すでに、内需の国だ。というか、内需の国に変えさせられた。

 輸出品の中で、大きな額を占めていた車は、現地の会社を作り、現地の工場を作って生産している。為替変動の影響もないし、現地で税金も納め、雇用も作るので、現地での反感も少なくなる。

 エンジンなどの重要部品は、日本で生産する場合も多い。しかし、部品として輸出して現地で組み立てて売れば、完成品の車自体は、その国の生産品で関税も必要ない。

 日本で多くの工場が海外に移転しているのは感覚的に、みんなわかっている。それでも、円安がいいのだろうか?

 報道も意図的に、わからないように情報を流している。感覚的におかしいと思った時は、感覚の方が正しい。知識は時には、邪魔をしてしまう。

相変わらずの意味不明な韓国の記事

korea-economics.jp

韓国メディア「ジ・アジアN」は1日、韓国の有力宗教である「円仏教」のキム・ドククォン円仏教文人協会会長の寄稿文『近くとも遠い国日本を考える』を掲載した。
キム会長は、若いころに日本をよく行き来したとし、「日本に行くたびに、日本の人々の生活態度に感動するしかなかった」と述べた。


その上で、「考えてみると、本当に嫌で醜い国としてのみ認識していた」が、「しかし行くたびに、一つ厄介な感情、怖さが加わった」と述べ、「我々が永遠に敵になる必要はないが、勝つことができない国が仇敵として残っているのは国家的災害ではないかという考えだ」と吐露した。

キム会長は、例として、公道にタバコの吸い殻1本観ることがなく、公園の落ち葉が綺麗に掃除され、人々が嚙み終わったガムを紙に包んで捨てることや、日本人たちが道を歩くときも、人の邪魔にならないか気にしていることを挙げた。

また、登校時に横断歩道を渡る田舎の小学校の子供たちの姿や、高学年の生徒が横断歩道の両側で旗を挙げて車を停める姿、そのあとに車に向かってお辞儀をする姿、整然と並んで道を渡る姿などを挙げ、「車の大人も笑顔でお辞儀をする。人間の価値を最大化する美しい市民の精神ではないか?」と評価した。
また、キム会長が日光の東照宮を訪れた際、最も高価なお土産を買ったものの、それを山頂に置き忘れ、気づいた時には長時間が過ぎており、半ば諦めながら山頂に戻ったところ、「お土産は、そのまま、その場で私を歓迎してくれた」という。

これらの経験から、キム会長は、「我々はこのように勝てない敵の隣に永遠にいながら、どうして足を伸ばしてゆっくり眠れるのかと思い、恐ろしい気持ちに襲われた」という。

続けて、「私たちが社会的なマナー一つまともに守れない限り、日本は私たちを甘く見て、反省どころか益々意気揚揚となり、悪い侵略根性を捨てないだろう」とし、「基本を守り、力を育ててこそ、克日はもちろん、勝日の道を行くことができるのではないか」と述べている。

 この記事を読んで、どう感じただろうか?個人的には、全く意味不明で何を言いたいのか?全くわからない。日本のマナーの良さを誉めているのか?と思うだけど、結局、それは韓国人から見たら、永遠に勝てない敵という表現になっている。いや、いつから敵になったのか?

 日本に来る前は、本当に嫌で醜い国だと思っていた時点で、かなり政府によって洗脳されている。残念ながら、韓国人はほとんど同じ感覚だろう。日本人は、逆の意味で洗脳されていて、韓国に好印象を持つように操作されている。

 日本が韓国を甘く見て反省どころか意気揚々となり、悪い侵略根性を捨てないだろうって、これも意味不明だ。侵略根性ってね…

 これを書いたのが韓国の有力宗教の「円仏教」の会長というのだから驚きだ。仏という文字があるので仏教系なんだと想像するのだけど、仏教を学んだ人が、意味もなく他の国を敵としているし、マナーのいい点を学びましょうではなく、ゆっくり足を伸ばして寝れないなんて言っている。

 油断したら、日本は韓国をすぐに攻め込むのだろうか?いい加減にしてほしい。

 韓国と北朝鮮は、ご存知のように戦争状態で、休戦しているに過ぎない。その後方支援部隊は、日本の在日米軍基地の中に司令部がある。つまり、日本は間接的に支援していることになる。

 その日本を敵として見て、北朝鮮と戦争状態に戻った時に、どうするつもりだろうか?

 韓国は、教育の中で日本は全てにおいて劣っていて、酷い国だと教育されている。最近は、若い人が動画共有サイトで洗脳されていることを語っているのが多く見られる。

 北朝鮮とは戦争状態、日本は永遠の敵国、中国も、本音では嫌っている。そんな状況を作ってどうするのだろうか?

 仏教を学んだ人であるなら、他国との協調、平和を主張するべきだろう。

 ただ、一般の韓国の人は、いい人が多い印象があるし、釜山に一度だけ旅行に行ったけど、悪い印象は受けなかった。マックに入って、注文する時に、なぜか英語で話しかけられた。見た目で、わかるのだろうか?

 日本もメディアによる洗脳も酷いものだけど。

こ、これは、「スマート窓口」なのか?

 米子市役所で、スマート窓口がスタートしたというニュースだったのですが。

www3.nhk.or.jp

米子市役所に、タブレット端末を活用して子育て関連などの複数の手続きを一括して行うことができる「スマート窓口」が、10月1日から登場しました。

米子市役所の1階フロアで「スマート窓口」の開始式が行われ、伊木隆司市長が、タブレット端末を使った手続きを模擬体験しました。
「スマート窓口」では、デジタル技術を活用して、これまで複数の窓口で行う必要があった手続きの手間を減らします。
例えば市民が「転居」を届け出た場合、端末上で「児童手当の住所変更」といった別の手続きも自動的に行われます。
市民は最後に画面で記載内容を確認して、電子ペンで署名します。

 内容を見てみると、市役所の方がタブレットを操作して、市民は電子ペンで署名するということで、別にタブレットでなくても出来る内容でガッカリ。

 タブレットでなくても普通のPCでも可能な内容だし、複数の手続きを自動的に行われるというのは、システム間の連携ができるようになった事で、タブレットの機能とは関係ない。

 そもそも、入力などはPCの方が優れていて、タブレットの方が面倒。

 スマホタブレットを使えば「スマート」という言葉をつけるのは、本当に頭の悪い人の発想だ。かつては、「ソリューション」なんて言葉もあって、なんでもかんでも「ソリューション」ってついていた。ちなみに、ソリューションは解決方法という意味があるのだけど、もう意味なんて関係なく「ソリューション、ソリューション」言っていたなー。

 どこでもネットが使える環境の事を「ユビキタス」とかいうていたし、今はIoTなんて言葉もあるけど、一緒だよね。名前を変えることで違う事をやっているかのように見せるってのは、インチキだ。

 話は、戻って「スマート窓口」というなら、ネットからマイナンバーカードを使って、個人認証までできて、役所の手続きは全てネットで可能というところまでいけば「スマート」だなと思う。そうすれば、役所の人の事務の仕事は大幅に減らせる。その時間を、もっと市民の意見を聞いたり、考えたりできるようになるはずなのだが。

 残念ながら、全てネットで対応できるようにすると、今の窓口対応の人の仕事を減らすという発想になって、結局やらないんだけど。そこの考えがスマートでないんだけど。

 引越しとかで、市役所の手続きがあるから休みを取らないといけないってのは、変な話だ。休めるのはいいけど、結局役所に行くのは面倒だし、時間もかかるし。引越しした時なんかは、整理とかを優先したいので、ネット対応してもらいたいものだ。

 言葉に騙されてはいけない。

年金は、消費税で???

 総裁選が行われていますが、年金は消費税を財源とするという案が出ているようです。年金の徴収とかの経費を、消費税で年金を負担することで、無くなるという話でしょう。恐ろしい。

 年金制度をなかったことにするつもりだろうか。今まで払った年金はどうなるのか?そもそも、GPIFとして運用しているものはどうするのか?GPIFも、素人が運用して、海外に金を流出しているだけだし、年金制度を無くして、それもなかったことにするつもりだろう。

 消費税を年金の財源にすることで、年金が足りないとなれば、消費税を際限なく上げることができる。「年金が足りなくなると、お年寄りが困る」と言えば、誰も反対できなくなる。

 そして、消費税を上げれば景気は悪化する。そして、国民の財産は吸い取られていく。本当に、財源が必要なら景気を上げれば、税収は増える。簡単なことだ。消費税を増やせば、景気は悪化する。これも簡単だ。

 所得税累進課税だし、会社の法人税も利益が出るほどに、税金は増える。消費税も、経済が活発になれば何もしなくても、税収は増える。やることは、スマートでわかりやすいはずだが。

 もう、騙されるのはダメだ。政治に、もっと関心を持って考えて選挙をしないと。

間違った情報は、どっちだろう?

npn.co.jp

さらに、「メッセンジャーRNAを打つと自分の遺伝子が影響を受ける」というデマについて、「高校の生物を勉強していれば、絶対にあり得ないということは分かる話」と断言し、その理由について説明。その上で、「絶対にあり得ないことをあたかもあるかのごとく医師の資格が持っている人が語るというのは、本当に罪深い」と繰り返し強調。「それが元になって信じてしまった人たちが、また広げてしまうわけですよね。僕はちょっと許せないと思います」と怒りを露わにしていた。

 これは、セントラルドグマという話をしているのでしょう。DNAからmRNAができて、mRNAの情報からタンパク質ができる。しかし、逆はないという話。

 ところが、これも新しい技術だとDNAの編集ができてしまう。

【ノーベル賞解説】「クリスパー・キャス9」って何?新型コロナにも有効?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

クリスパー・キャス9の最大の特徴は、狙ったゲノムの場所を簡単に改変できる点にある。クリスパー・キャス9では、細胞の中の核に含まれるデオキシリボ核酸(DNA)を切断する機能を持つ人工酵素「キャス9」でDNAを切断し、切断した部分の遺伝子の働きを失わせたり切断部に別の遺伝情報を挿入することで遺伝子を改変する。

効率的な改変は、キャス9を改変したいDNAの配列まで案内するリボ核酸(RNA)である「ガイドRNA」と組み合わせたことで可能となった。

ガイドRNAは改変したいDNAと相補的な配列を持っており、ターゲットとなるDNAとだけ結合する。キャス9がガイドRNAと複合体を形成し、ターゲットDNAの配列を高精度で改変できるという仕組みだ。クリスパー・キャス9は生命科学の研究に欠かせないツールとなっている。

 RNAでDNAを編集できる技術はできている。一方的な情報だけ信じて、自分が信じている情報以外はデマとか偽情報というレッテルを貼るのは簡単だ。しかし、科学、化学においては別の可能性や原因を考えるものだ。

 mRNAだって、人体に本格的に接種したのは今回は初めてだ。どんな副作用や、後遺症があるかなんて現時点ではわからない。というのが正解だ。今までだって、安全だと言われた薬などで色々な薬害があった。

 人間の中にあるDNAは、60億の配列があると言われている。60億の組み合わせが人それぞれ違うなら、薬の効果が人それぞれ違うのは当然の話だ。DNAが全く同じでも、機能しない遺伝子などもあり、一卵性双生児でも違うのはそういうことらしい。

 つまり、同じDNAで同じ働きをしている人は、いないはずだ。ということは、人それぞれ全く違う効果になる可能性もある。その可能性を考えるのが科学、化学だと思うのだが。

ガラケーは、来年以降使えなくなる?!

 情報番組を見ていたら、来年以降にガラケーが使えなくなるという内容だった。キャリアによって時期は違うのだが、順次使えなくなるということだ。

 ガラケーを使っている人にインタビューして、ガラケー終了という事をアピールしていた。

 でもね…これも、酷い報道で、ガラケーが使えなくなるなんてことはない。auは、2022年の3月に終了するとなっていたのだが、実際には3G回線がなくなるだけだ。

 この時点で感のいい方は、気づいたと思いますが、3G回線=ガラケーではない。スマホだって、3G回線を使っているものもある。

 ガラケーは古い。スマホは新しい。というイメージで、スマホに変更させたいのだろう。

f:id:imsdJava:20210922153453j:plain

 実際にauのHPに掲載されている内容では、3Gスマホと書かれている。しかも、ケータイも普通に販売されている。

f:id:imsdJava:20210922153952j:plain

 ラインナップも、豊富だ。3G回線が終了するだけで、ケータイは無くなりません!酷い報道だ。

 キャリアにとっては、端末も高く、通信量も多く、回線利用料が多く取れるスマホだけになるのがいいのはわかる。ただ、ニュースやテレビ局からの情報は中立であるべきだ。お年寄りが持っていて、古いガラケーは、化石みたいなものだというイメージを擦り付けようとしている。

 メールと、電話しかしないなら、ケータイで十分だ。最近のケータイは、Wi-Fiにも繋げられるし、WEBだって見れる。そんなの10年以上前からできてる。ただ、アプリが使えないなどあるけど、タブレットがあれば必要ない。

 使わない機能が沢山入って、高額でバッテリーもすぐになくなるスマホより、ケータイの方が使い勝手がいい場合もある。

 テレビによる洗脳も酷いものだ。スマホの処理能力は、どんなに能力があがってもパソコンの処理能力には敵わない。動画の編集や、再生などやってみたらわかる。スマホより、タブレットが能力が上だし、パソコンの方がそれより上だ。CPUのスペックでも変わるけど、同じ価格くらいだったら、どう考えてもパソコンの方が上だ。

 パソコンでも、ノートパソコンよりデスクトップの方が同じ価格なら性能が上なのは常識だ。

 外に出て、高負荷がかかるような処理を必要としなければ、ケータイで十分だし、高負荷がかかるようなものは家でタブレットかパソコンでやればいい。

 スマホは、SNSや写真撮影が手軽にできるのは便利だけど、使わない人にとっては必要ない。

 コメンテーターも酷かった。2つ折り携帯がいいという話をして、別の人がスマホでも2つ折りのが出てるから大丈夫なんて会話をしていた。それは、全く関係ない話だ。ガラケーが2つ折りという固定観念での話だ。

 残念ながら、コメンテーターも内容にツッコミも入れれない。この程度で、毎日コロナがどうのこうの言っている。

 もう、最近は呆れてしまっている。人手が増えても、毎日感染者が減る時点で、今までの人出がどうのだとか、飲食がどうのとか、酒がどうだとか、デルタ株がどうのなんて話は全て理屈が通らなくなっている。ワクチンの接種率が上がったからというなら、イスラエルでは、3回目接種で感染者がまた増加している。この事実をどう考えるのだろうか?

 “科学的に証明してほしい“

みずほ銀行のシステムがシステムがバラバラなのはよくあること

gendai.ismedia.jp

統合時、みずほは旧3行が使っていた複数の異なるシステムを生き残らせたまま、「ゲートウェイ・システム」と呼ばれる中継プログラムでそれらを繋ぎ合わせるという方針を打ち出した。

だが、この建て付けそのものに難があった。当時の事情を知るみずほ行員が言う。

「勧銀は富士通製のメインフレーム(大型コンピュータ)の『STEPS』を'88年に導入していました。また興銀は日立製のシステム『C-base』を、富士銀行は日本IBM製の『TOP』をそれぞれ持っていた。

普通、銀行が合併してシステムを統合する時は、顧客や預金などの情報をどれか一つのシステムに全て移行する『片寄せ』という方法を取ります。

しかし、みずほは合併後も『同じ担当の役員が3人いる』と揶揄されるくらい、よく言えば旧3行が対等、悪く言えばバラバラだった。そのため、各行のシステム、ひいてはベンダーとの取引を温存しようとしたのです」

統合直前、旧勧銀のSTEPSと、富士銀のTOPを並立させ、別のコンピュータでつなぐことが決まったが、あえなく失敗。それが統合時に発生した障害の原因だった。

 昔からの言語COBOLを未だに使っているという点も指摘されていますが、何十年も使ってきて、開発されたプログラムを全て新しい言語に作り替えるって、とんでもない時間とお金がかかります。

 移行しても、サービスが改善されるわけでもなく、移行に伴うエラーや問題などで、システムが停止するリスクもあります。それを考えると、新しい言語での開発というのは、難しいです。

 これは、普通の会社でも同じでしょう。Excelのマクロで色々な計算を行っていたのをVBやVCなどで作り変えるとしたら、やるでしょうか?マクロの数が少なければいいですが、多いとやる気も起きないでしょう。

 銀行のシステムは、止めることが許されません。それを、大掛かりなシステム更改ともなると、二の足を踏んでしまいます。

 それに、複数の会社にシステムを開発させているのも普通の話です。銀行も、預金や会社同士の繋がりなどで、システムを担当させる会社を決めます。同じ会社で統一しておくと、何かしらの問題があった時に、全てのシステムが止まる可能性があります。

 データセンターなどで、引き込む回線を複数のキャリアにしたり、引き込み口を変えるのと同じように、会社を複数選択するのは普通のことです。同じ会社にだけ依頼していたら、普通より高いお金を請求されても払うしかありません。

 他の会社でも、できるようにしておくことで、価格も抑える事ができます。

 会社が違っても共通の仕様を作って、データのやり取りができるようにしています。そうしていなければ、会社が違ってデータのやり取りができないのであれば、とても困ることになるのは、簡単に想像できます。

 銀行が合併した際に、システムも統合できるのが理想ですが、簡単には行きません。ゲートウェイという形で、それぞれのデータをやり取りできる仕組みを構築するのが費用的にも、時間的にも現実的には一番いい方法と言えるでしょう。

 バラバラで、うまく行かないのは、お互いの仕様の擦り合わせや、事前テストの不足としか言えません。これらの問題は、結局システム担当と言いながら、実際のシステムを知らない人が多かったり、全てをシステム会社に丸投げして、管理しかしていない、できない人が多すぎるからでしょう。

 プログラムを作っているところですら、プログラムを読めない人が多く、下請けに丸投げで何もわからない人が多く、無茶苦茶な工数で作ってバグが多発するというのも、よく聞く話です。

 派遣や下請け、アウトソーシングという形で、自社にノウハウや技術が蓄積しない構造は、もう破綻しているとしか言えません。

 これも、メディアでは言ってはいけない話なんでしょうね。