読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

ブログの存在意義って・・・???

アクセスの少ないブログは存在していないのも同じ?!

ほとんどのブログで1日100アクセスもいかないらしい。100アクセス以上あれば優秀なほうだとか・・・
ブログを始めてみるとアクセスの少なさにガッカリしたり、まあそんなものかと悟ったり・・・
たまにやる気を出して、アクセスを上げる方法を調べてみたりすると、アクセス数を上げるために、まずは毎日アップしてみようとか・・・文字数は多くしようとか・・・ね。
色々と言われている。しかし、実際には100アクセスもいかないブログが多いという時点で結果は出ている。

ネット上で小説を投稿して公開できるサイトも色々とある。そこから書籍化されたり、漫画になったりアニメになったりするものもある。
まあ、でも、ほとんどは読まれることもなく放置されるものが多数だろうな・・・

インターネットで公開することは全世界の人に見てもらえる可能性はある。可能性があることと見てくれることは違う。
違うけれども、例えば電車広告なんかだと「その路線に乗っている人限定」だ。テレビの広告だって、その時間にその番組を見ていないと見てもらえることはない。録画されたらね・・・まあ・・・飛ばしますよね。
目に入る可能性としては、インターネットで公開するほうが可能性は高いと思うのだけど、なぜか電車広告のほうが記憶に残っている。
テレビについても、昔と違って視聴率も下がる一方で影響力も低くなっているなんて言われているけど、散歩番組で紹介された飲食店のHPなんて数時間経ってもアクセスできない状態だったりする。

そもそも、視聴率ってリアルタイムでの視聴でしょ?今は、録画のほうが多いと思うだけど・・・

ブログの内容の信用性

ブログというのは、そもそも個人的な日記のようなもので、基本的には誰かに読んでもらうという性質でもないと思う。ただ、ある程度有名になってしまうとか有名人がブログをやっていて「問題になりそうなこと(線路に入ったりね・・・)」とか「問題発言」をしたりすると炎上したりする。

個人的なブログでも、書いた内容によっては色々と指摘されるご時勢らしい。ブログに体調が悪くなったペットにこれを与えたら元気になった!とか書くと、その食べ物は良くないから書かないほうがいいとかコメントされるらしい。
これが、動物病院とかのオフィシャルブログなら別ですが、基本的には個人で飼っているペットの話。そんなことまで指摘していたら、ブログの意味がない。

ネット上の情報は信用できないとか、ネットで見た情報で正しいものは1つもなかったとか言われることもある。その割りに、見ているほうが個人的なブログ情報でも信じてしまう傾向があるわけです。
でもね・・・ブログじゃなくても、テレビの情報でも本の情報でも全てが正しいわけではない。例えば「地震は予測できる」という人と「地震は予測できない」という人がいて、どちらも有名な大学の教授で本も出しているとします。
どちらからの本を読んで内容を全て信じた人が、反対意見の先生のブログに嘘を書くなと指摘しているようなもの。

結局、情報を収集し分析し、どれを選択するかは各々の自由

情報発信している側は、当然自分の経験や知識の中で情報を書いているわけだから、嘘だと思って書く人は少ないと思う。

むしろ、テレビ、雑誌、書籍などの情報にネットでの情報というのが加わったので、判断する材料が増えたと見るべきだと。
沢山の情報から自分で判断して、自分なりの結論を出せるってとても良いことだと思う。

情報がないと意味がわからない事を言われても「ずっと信じるしかない」

例えば、「運動中に水を飲むとばてる」とかね・・・もう、今やタブーみたいなもので、今では喉が渇く前に水分を補給しよう!ですからね。
なんで運動中に水を飲んではいけないんだろうか?なんて考えることもなく、先輩とか先生に言われると信じていた。それをそのまま後輩に言うという連鎖が続くわけですから、恐ろしいものです。

伝統とか、言い伝えなんてそんなもので、誰が最初に言ったのか?なんでそんな事を言ったのか?という部分が省かれている。

イスラム教で、豚を食べてはいけないという戒律がありますが、どうも豚を食べて感染症にかかる人が多かったので、豚を食べるのが禁止になったとか・・・では、今の衛生状態だと豚を食べてもいいのでは?と思うのですが、きっと変わらないでしょうね。

宗教によっては、神様の使いという理由で特定の生き物を食べることを禁止している場合がありますが、その場合はイスラム教の理由とは異なるので、どんなに時代が変わっても変化することはないでしょうね。

こんな感じでブログは自分の思ったこと感じたことをツラツラと書く場所だと思います。