読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

思い出のレストランと言えば思いだすのは・・・

ぐるなびお題「思い出のレストラン」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/gnavi201503

 

思い出のレストランと言っても、レストランの名前は思いださない。ただ、何を食べたかは覚えている。子供のころ、小学校くらいだった。たまにバスに乗って40分ほどかけて行く、地元の栄えた街。今は、廃れてしまったけど、当時は大きな百貨店もいくつかあって、人も多くて色々と楽しい物が溢れていた。

そこのレストラン・・・ファミレス風だったような・・・そこで、なんとステーキを食べていいと言われた。いつもは、食べれてもハンバーグくらい。たまに行く街で、レストランに入ってステーキを食べる。

子供にとっては、とんでもないくらいの行動だった・・・しかし、そこで1つ問題が発生した。注文をした際に、こう聞かれた「焼き方はどうしますか?」

オイオイオイ!焼き方って?なによ!と。

普通に・・・なんて思っているけども、レストランという空間でそんな野暮や事も言えない。メニューを必死に見て探す。焼き方・・・焼き方・・・

もう、当時見ていたガンダムの中でアムロが始めてコックピットに座って、武器はないのか?とマニュアルを見ながら探している光景と自分が重なる。

あった!「レア」これだ!

店員さんに向かって「レアで」 決まった!

しかし、料理が出てくるまでに頭の中は「レア」ってなんだよ・・・他は読めないから最初の言ってしまった。なにが出てくるのか・・・困ったなあ・・・

そして、料理が運ばれてきた。普通だ・・・良かった。

早速、ナイフを使って切ってみる。おっ!中が生じゃん!大丈夫なのか?!

食べてみる。う~ん、やわらかくて美味しい。「レア」ってそういう意味なのか。

いつも食べる食べ放題の焼肉屋では、いつも焦げ気味な感じだけど、肉って生でも食べれるのか・・・なんて考えながら、残りも食べた。

今でも、肉を食べる時に思い出すことがある。その時の、「レストラン」という場所で「ステーキ」を「レア」で食べた記憶と街に行った楽しさと色々なものが合わさった楽しくて緊張した感覚を。

スポンサーリンク