読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

いまさらながら、列挙体

Unityを使っているとC#かJSを使うことになるので、C#を改めて勉強することになってしまいます。

まあ、それはそれでいいのですが・・・

しかし、Unityの場合はツールがいまいちな感じなので、どうにもこうにも。そもそも、エラーにもならずに実行もできるけど何もしない・・・なんて事が多い。

エラーが出るだけまし・・・なんじゃそりゃ。

そうなると、もう解析する方法が限られてくる。通常は、調べたい箇所でブレークして変数の中身を見るなんてやるのだけど、Unityの場合はどうも・・・

そこで、一番単純な方法としてDebug.Log();を使う。()内に表示したい内容を入れる。変数だと中身が表示されるので、「ああ、そうなっているのか・・・」という感じで把握できる。

しかし・・・そう・・・この手法って随分古い気がする。もう、アセンブラレベル???

ブレークさせて、その時点のメモリの内容をダンプして・・・という感じと似ているように思ってしまった。

なんだかな~・・・

それでも、C#の列挙体なんてのも勉強することになるけども、それはそれで楽しい。

列挙体って、文字で変数の中身を指定できたりするので、例えられていたのが扇風機のスイッチ。

OFF、弱、中、強、みたいに設定できるものが決まっているものに設定しておけば、数値でも文字でも設定できると。

これを使うと、プログラムの中身が見やすくなると。Javaにはないだけに、ちょっと新鮮。

C#も勉強したけど、すっかり消えていた。やっぱり、実際に使っていかないと忘れるものですね。

もしくは、年をとっただけか・・・

スポンサーリンク