読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

郵便料金について考えてみる

郵便の料金は、不思議だと思う。
普通に郵便を出す場合は、あまり考えないことだけども、
定型外の郵便を出すときに思った。

定形外郵便は、4kg以内でサイズも規定内であれば重量制で
全国一律で荷物を送ることができる。

郵便扱いなので、貴重品などは当然送ることは出来ないし
壊れやすいものも当然NG。

では、ゆうパックレターパックと何が違うのか?
ゆうパックは、速達扱いで、荷物の追跡が出来る。レターパック
荷物の追跡が出来るのは同じ。受け取り方法が違うなどの
違いがある。

スポンサーリンク

 

 

ゆうパックレターパックは、定形外よりも高い。
でも、追跡が出来るので保障になる。つまり、届かないとか
どこかで止まっているとかがわかると。

定形外で送る場合は、保証がないのでゆうパックとかを薦められる
場合がある。でも何か違和感を感じた。

途中に郵便局以外の会社が入って配送を行うとかであったら、
保障をしないと荷物がなくなる可能性もある。

でも、郵便局で出して、配達も各郵便局から配達される。
荷物の管理は、基本的に郵便局で完結するのではないだろうか?

そこで荷物が届かないかも知れないから追跡できる高い料金の
配送方法に変えるというのは違和感を感じた。

安いから遅くなるとかならわかるけど、配達されないという事は
問題外なのではないだろうか?
それを、保障するのは会社側で、配達をお願いする側が追加
料金を払うというのも不思議。

まあ、そんなことを言っても、実際には配達されない郵便物
あるわけで、それを予防するために必要なのは理解できる。

理解はできるけど納得できない・・・そんな感じかな。