読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

フォミュラーEって、おもしろいよ

深夜のBSで「フォーミュラE」とか「WEC」など、モータースポーツの放映が多くされています。WECは、耐久レースですがトヨタも参戦していてポルシェ、アウディと戦っています。

フォーミュラE」は、なんと電気自動車のフォーミュラレースなんですね。最初に見た時は、笑ってしまいました・・・そうエンジン音がありませんからね。

スタートしても、「ウィーウィーウィー」というモーター音です。コーナーでのタイヤのスリップ音のほうが大きいくらいなんです。

もう・・・「ラジコンレースやん・・・」

そう思ってみていましたが、なかなか面白い。タイヤ交換もありませんし、当然「給油」がありません。代わりに、車体を交換することで40周前後のレースを走っています。

ドライバー1人当たり2台必要になりますので、結構お金かかります。

 

3年目ということもあり、速さがチームごとに違うので順位の入れ替わりが激しいです。騒音が少ないということもあり「市街地レース」が基本となっていますので、クラッシュも多くレース展開が早いのです。

 

また、ポイントも変わっていてレースの順位でのポイントはレースの基本ですが、ポールポジション、ファステストラップでもポイントを取得できます。

昨年の最終戦では、ブエミディグラッシが同点で最終戦になったのですが、最終戦の前の時点では、ディグラッシがリードしていたのですが、予選の結果でポールポジションを獲得したので、3ポイントを得てレース開始前に同点となったのです。

そして、レース中にブエミディグラッシが衝突しクラッシュ。お互いに、2台目の車体に乗換えます。ここで、妙な展開になります。クラッシュの影響でレースでのポイント獲得が困難になった2人は、「ファステストタイム」を出すことで、2ポイントを得て年間チャンピオンになる争いになるのです。

コースが比較的クリアになる状況を見て、2人はピットで待機。ピットからタイムアタックのように、数週だけ走りピットに戻る。そんな展開になり、ブエミ「ファステストタイム」を出してチャンピオンになりました。

 

新しい採点法によって、レース展開も変わってしまうという典型的なパターンでしたが、スタートしてから順位の変動もバトルも少なくなってしまって、ピットワークだけが勝負どころみたいになっているよりは、色々な意味で楽しめるカテゴリーじゃないかと思います。