読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

久々に本屋さんへ

本屋の数も減り、図書館に行くことが多くなっていたので「本屋さん」に行く機会が減っていたのですが、近くの本屋さんに行ってみました。

まあ、なんか読みたい本があるという事で連れていかれたというのが本当のところなのですが。

それほど大きな本屋さんではありませんが、ラインナップはそこそこ充実しています。私が中学時代に住んでいた九州の田舎町にあれば間違いなく地域でも重要な場所になるくらいな内容です。

しかも、結構人の出入りがあります。

目的の本はなかったようなので、自分でも色々と見ていると太宰治の「人間失格」が目に入りました。日本文学というのは昔からどうも敬遠している・・・特に意識もしていないのですが、何故か?読まなかったのです。

でも、何故か?今回は目に入ってきました。「たまには、日本文学でも・・・」と思い手にとって「買おうかな・・・」と言ってみると・・・

「そんなの図書館にあるでしょ!買わなくてもいいじゃない!!」と強めの言葉で否定されました。

まあ、そうなんですがね・・・

たまにあるのですが、こういうお店の中で店員さんにも聞こえるような大きさで言ってしまうのです・・・困ったものです。

図書館でも借りれるものではあるのですが、それほど高価で分厚い本でもないので、購入したほうがいいと思ったのです。

図書館で借りている本は、金額的に高価な専門的な本だったり、まあ読んでもいいかな?という感じの本です。

自分でどうしても読みたいと思った本や、継続して読む本は、やはり購入するのが一番です。

以前読んだ本でも、書店や取次ぎ、出版社の内情が少しだけでもわかった気がするのもあって、書店で本を買うということに対して積極的になっていたのもあるかも知れません。

そういえば、ブックオフも最近は伸び悩んでいるそうで・・・価値がある本は、セドリによって買われていることが多く、来店客が減っているとも。

それほど頻繁に行くことはないのですが、たまに行っても同じ本ばかりであったり良い本が少なくなった気がします。

市場価格に対して安い本も、早くなくなってしまうのでしょうね。そういう本を探すのも楽しみであったりしたわけですから、人が減るのは仕方ないかも。

ますます、書店含めて厳しい状況なのかも知れませんが、小さな書店でも頑張っているのが感じられて、もっと本屋に行ってみたくなりました。