読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

震度7はビビッタよ・・・正直。

昨日は、突然の豪雨や雷でちょっと天候について敏感になっていましたが、夕方になって携帯が聞きなれているけど、久々な音を発していました。

携帯・・・まあ、スマホね・・・2台あるので、両方同時になったので、これは来るな!と思って、スマホの画面を見てみると、唖然としてしまった。

スマホにインストールしている地震速報を伝えてくれるアプリは、千葉で震度8クラスの地震と東京都内全て震度7を表示していた。

しかも、いつきても不思議ではない時間だったので、正直頭の中で思考は止まってしまった。

というのも、これだけ近い地震だと先に多少の揺れがあってから、地震速報が来るのに、なにかおかしい?ということと、震度7のほぼ直下地震なら今から何かをしても遅いということで、もう体は止まってしまった。

これは、何をしてもダメだな・・・

と正直思ってしまった。

最近は、関東近辺で比較的大きな地震が起きていることもあって、この速報を信じてしまった。

しかし、数分経過しても全く揺れない。

誤報か・・・このアプリでは、揺れの状況をコメントできる機能があるので、見てみると一様に「揺れてない」と表示されていた。

誤報か・・・それにしても、これだけ大きな震度の誤報なんて珍しい。

地震速報は、P波とS波の到達時間の違いで地震が来るまでの時間とか震度を計算している。2箇所で同時に地震が起きると数値が変わってきたりする。

今回の誤報は、千葉で起きた雷でノイズが乗ってしまったようだ。地震計のノイズをそのまま地震での揺れに伴う信号だと判断したのだろう。

まあ、誤報で良かったんだけど、改めて防災という意味で家の中の備蓄を考え直さないといけないと思ったしだいで。