読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

河川敷ってなんでもありなのね・・・

先日TVを見ていたら、多摩川の河川敷の話題だった。

話題というか、河川敷にゴルフ場があったり、農園が出来ていたり。それも、勝手に作ってる。

河川敷って夏はバーベキューしたり、走ったり散歩したりするくらいだけど、ゴルフ場作るってね?!

バーベキューも多摩川河川敷では禁止の場所が多いし、公園でも球技禁止って場所がほとんどだから、厳しい時代になりました。子供の頃には、近くの公園でカラーバットと軟式のボールよりもっと柔らかいゴムのボールで遊んでいましたが、近所の家に入った時は、誰が取りに行くか騒ぎになったものですが・・・

今では、絶対にNGな行為ですね。

河川敷に勝手にゴルフ場を作ったりしていたのが、何故か高齢の方が多かった。時間が余っているからだろうか?それに、昔は河川敷のような広い場所ではやっていたのかも知れない。

大きな河川の河川敷って国土交通省の管轄で、河川の整備とかをする必要があるから、国の管轄になっているわけですが、大雨で河川の水量が増えた時は危険。

危険だという意味もあって、大きな河川には広い河川敷があって、水量が増えても堤防を越えないようにしているわけですから。

多摩川は調べてみると、かなり危険な川で今では川から離れた場所にかつての痕跡があたりする。今の川の場所の両側に高低差があったような場合は、かつてはそこまで川幅があった痕跡だったりする。

渋谷も名前からわかるように「谷」だった場所で、渋谷川が削った場所。そのため、駅から東に行っても、西に行っても坂が存在する。

かつては、その坂の下までが川だった証拠だ。

多摩川も本気を出せば、今の河川敷の範囲どころではない。

かつての地形を想像しながら歩いてみると昔からある神社、仏閣は必ず高地に存在する。かつての河川敷のような場所には存在しない。

そういう意味では、昔から地盤の安定している場所を調べるには昔からの神社、仏閣が目印になる。