読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

天気が悪い日に体調が悪くなるのは天気痛っていうのね

天気が悪いときというか、天気が悪くなる前に頭が痛くなることが多くなってきた。元々、偏頭痛持ちなのだけど、気圧が下がることで血圧が上がり血管の周りになる神経を刺激するので、脈打つように一定の周期で痛くなる。

購読させて頂いている「色白おばけさん」の新しいブログでも書かれているように月曜の朝、寒い時、天気が悪いときに体調を壊す場合が多かった。うつ病ではないので、痛み止めを飲んでなんとかなれば、会社にも行けるのですが、それも回復しないような重症な場合は休みを頂くわけですが、「天気痛」と名称があるようです。

それに、痛み止めを飲むのも痛くなる前に飲まないと意味がないというのも知って、少しでも痛みがきた場合は早く飲むようにしています。

目を閉じた時に、必要以上にチカチカしている時も危険な前兆です。それから、強烈な光もダメなようで、太陽光が強い場合はサングラスをしないと偏頭痛が出やすいとか。

それらの情報を得て、対策をするようになってから、それほど酷い偏頭痛は起こらなくなりました。でも、偏頭痛ってなっている時は頭が高回転している時らしいので、あんまり抑えすぎるのも良くないらしい。程よい痛みというか、生かさず殺さずというか・・・

偏頭痛といえば曹操。偏頭痛が酷かったらしい。石で出来た枕を持っていて、それで頭を冷やしたらしい。冷えるかも知れないけど、頭痛くなりそう。物質的な痛みより、偏頭痛のほうが酷かったんでしょうね。

スポンサーリンク