読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

たまには、「お題」に乗ってみる

「お題」という形で、提示されているけど、なかなか書けない事が多かったけど、今回は、乗っかってみよう。

調味料ということで、サラダなどを料理する時には定番のオリーブオイル+塩というのが最近までの十八番だった。

しかし、「ごま油」とか「しそ油」という「和」テイストなものをオリーブオイルに変わって使ってみると、これまた旨い。でも、この旨みってオイルだけでなく塩の辛みと相まってできることで、塩が足りないと単なる油っこい葉っぱと感じてしまう。

塩とのバランスが重要。そういう意味では、塩というのは本当の意味での万能調味料なのかと。味付けもそうだし、保存するときにも使われる。お清めの意味でも使われる。

ありすぎて重要さがわかりづらいけど、塩って今でも専売公社が売っているわけですから。

上杉謙信武田信玄の話でも、ありましたね。武田包囲網で、今川、北条が塩の流通を止めたときに海のない甲斐の武田は困った。その時に、日本海側の上杉は流通を止めなかったと。そこで、敵に塩をおくるの故事になるわけですが、実際には送ったわけではなく、流通を止めなかっただけというのが真相だと言われてます。

 

しかし、これについても諸説あるようですが、謙信の性格から考えると塩を止めるなんて間接的な事よりも、直接戦で勝敗を決するという意識のほうが強かったのでは?と推測します。だから、塩を止めるなんていうことに興味がなかったのかも?

まあ、どちらにしても塩を止めても困るのは一般の人ですからね。

あっ!・・・調味料と関係ない話になってしまった。まあ、いつものことか・・・

スポンサーリンク