読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

PMCについて書いてみる

PMCというのがニュースなどで出てくる機会が増えてきましたが、このPMCは民間軍事会社private military company)ということなんですが、民間で軍事会社?という時点で日本では違和感があるわけで、日本では警備会社ですら警棒持っているくらいで基本的に武装はしていません。

ところが、アメリカの場合は元特殊部隊の隊員がこのPMCを創設して、アメリカ軍から仕事をもらうようになりました。NAVY SEALsの隊員とかグリーンベレーの隊員とかが退役しても、技術やコネクションを持っているので、それを生かしたわけです。

アメリカ軍も、当時イラク、アフガンに行っていて人も欲しいけど、戦闘によって死者が増えると国内で問題になる。そこで、PMCに仕事を依頼して肩代わりしてもらう。

国によって雇われた軍人ではない民間人なので、例え死んでも戦死者にはカウントされない。しかも、元特殊部隊の人間。軍から見てもメリットしかなかった。

PMCは、要人警護や現地部隊の教育などにも重宝され、要人の側で警護しているPMC隊員の姿も沢山写っていました。現地部隊への教育も、特殊部隊の得意分野ですし。

ただ、格好は通常の部隊と見分けがつかないような重装備で、武装しているわけで民間人には到底見えないわけで、分類的には民間人がイラク、アフガンで戦闘行動を行って、現地で批判されていました。

PMCの成り立ちや、軍からのメリットなどを考えると、シリアで拘束され殺害された湯川さんは、PMCを立ち上げて仕事を増やすためにシリアに行ったそうなんですが、軍人としての経験がないということを考えても、ちょっと厳しいと言わざるえないところです。

民間の軍事会社である以上、危険な場所で軍から仕事をもらうことが大半なので、軍から見ると元特殊部隊の隊員など経験豊富な人が欲しいわけですから。

警備の仕事をもらうなら、警備会社でいいわけで、PMCになる必要はないわけで。

ただ、PMCという仕事に憧れるのはわかるのですが・・・

スポンサーリンク