読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

助けるほうも命がけ

かぐらスキー場でスノボーで出掛けて行方不明になっていた3名が
無事救助された。
まあ、良かった・・・と思っていたのだけど、内容が酷かった。

コース外に出て、遭難。しかも、コース外の滑走をするために
登山届を出したと嘘をついて、コース外に出ていったと。

登山届を出したということで、遭難時に登山届を確認して
いるだろうし、そこで該当する人がいないので慌てたことが容易
に想像できる。

雪洞を掘って、そこで風をしのいだという事で、経験者では?と
いう話もあるけど、登山の経験者なら必ず「非常食」を持っている。

低山でも、なにかしらのトラブルなどで1日野営する可能性があるの
で、食料、水や防寒、雨対策はするもの。

しかも、雪山となれば装備もちゃんとしないと恐ろしいことになるのは
目に見えているだろうに。

スポンサーリンク

 

 

年齢も年齢だし、今回の件については同情できない。

TVの映像では、救助に来た警察の人が「コース外でしょ!こっちだって
命がけなんだよ!」って怒っていた。

もう、当然です。どんなに準備しても、遭難するときはするかも知れない。
それでも、準備をしっかりして事前の調査を行わないと色々な人に迷惑を
かけてしまう。

助ける側だって、本当に命がけだ。

救助する人は、いつも冷静で怒鳴ったりしないけど、やはりしっかりお灸を
すえておかないと、やる人はまたやるよ。

登山届も、御嶽山の噴火で登山届けの重要性が認識されている。
低山でも、登山届けの提出は重要。人数と名前、緊急連絡先、予定している
コースを書くだけでも全然違う。

迷った時は、下じゃなく山頂を目指す。これも重要。
今回の人達も、天候が回復して山頂を目指していて尾根で発見されたようだし。

知識がないと危なかった。