読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

お正月飾りって不思議

お正月飾り

お正月に備えて、鏡餅やら注連縄などを飾らないと。
鏡餅もすっかり形が変わり、プラ製の鏡餅状のものに小さな餅が
入った鏡餅風が普通に売られている。

鏡開きには、この中の餅を食べるので、昔のようにカビの部分を
削ったり、割ったりしなくても美味しく、それぞれが個別包装なので
食べたい分だけ食べればいいという親切設計。

鏡餅ってそれでいいんだっけ?と思ってしまう。

形式だけ残って、中身は変化する典型のような。
じゃー、もうその風習止めようという風にならないのは不思議。

そんな事を思いながら、鏡餅風のものをしっかり飾るのだけど。

スポンサーリンク

 

 御節は買うもの?

御節も、すっかり食べなくなった。作るというよりも、買うものに
なった感がある御節は、特に無理して食べなくてもいい雰囲気になって
いる。自分のなかでは。

親が作った御節の場合は、これしかないんだから!という言葉と共に
御節とお雑煮だけ食べていたなあ。

栗きんとんや、黒豆などの人気ランキングの上位組は早々にいなくなり
なにかわからない煮物が残っている御節は哀れだった記憶が。

煮物のほうが、今では美味しく感じてしまうのは年のせい。

そんな精神的にも肉体的にも、厳しい年末年始。お年玉をもらえる年では
ないので、お正月=楽しいという公式もあてはまらなくなった。

お年玉を握り締めて(実際には、そんな子供はいない)プラモデルを買った
日を思い出す。