読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず移転してみました

ニュースねたや、IT系の記事を書いていくつもり・・・ですが、どうなるかわかりません。まあ、とりあえず やってみます。

「池上無双」伝説

もはや伝説と言ってもいいではないだろうか。
今回の選挙でも、池上さんの選挙特番が放送された。

前回の選挙の時も、池上さんが選挙特番をやったけど、凄かった。
本当に、今まで何で誰も突っ込まないのだろう?という点をズバズバ指摘していた。

前回の放送で印象に残っているのは、公明党を支持している方にインタビューを
している時に、池上さんが

創価学会の方ですか?」

と聞いていた。その放送の中では、何度かそういう内容のものがあった。

それで、今回の放送では公明党の本部に取材をしていた。
しっかり準備されていた感じだったけど、ここでも池上無双は止まらない。
雑誌コーナーで「第三世界」を見つけてたり、

「ここで働いている人は、創価学会の方ですか?」

と質問したり・・・

回答は、「ほとんどそうだと思います」と。

その後の公明党山口那津男代表にインタビューした際も、創価学会との
関係を聞いていた。


スポンサーリンク

 

 

 

投票は、個人の意思だから創価学会の信者の人が公明党に入れてもなんの
問題もない。

しかし、報道を見ても変だなと思うのは、公明党の支持団体を創価学会というのを
言わないことだ。

そこで、何かあるのか?と思ってしまう。
何も問題がなければ、報道されてもいいだろうに。

神社本庁も宗教団体だけど、これは自民党の支持団体になってるはず。

それらの矛盾点を池上さんは政治家だろうがズバズバ質問。
だからこそ、「無双」と言われる。これまでの選挙結果しか伝えない「つまらない」
特番に比べれば「雲泥の差」

これを他局がまねをしても簡単に出来ることではない。

投票率が低いというけれども、やはり政治に対しての情報が少ない。
政策も大して違いがない。景気回復と社会保障の充実くらいしかない。

結局、それをどうやって実現するの?と誰でも思うところ。
具体的に言って欲しいところ。

今回も投票をしなかった人達を集めることが出来れば、どの党よりも多くの
得票を得ることができる。

そうなれば、支持母体なんて要らなくなるんだけどな。